マスター!(周回のお供に)新しい映画よ!

FGO
スポンサーリンク

 

※映画紹介記事です。

 

 

はい(‘ω’`)!

 

本日のメンテ後よりFGOクリスマスイベントですねぇ( ˘ω˘)

 

例年通りボックスイベント。

 

しかも!牙骨結晶とズラリ豪華な中身となっております。

 

私としては最高の報酬ですし、まさにピンズド!

 

しかし・・・。

 

 

 

明日13日がGE3発売日じゃなければと思うばかりです・・・(‘ω’`)

 

 

 

GE3しながら記事書いて周回は不可能に近いですが

諦めたらそこであーだこーだ(‘ω’`)

そこまで開けられないかもしれませんが・・・。

本当に頑張りたいですね・・・(‘ω’`)

 

アルトリア顔も多いですし、是非牙が・・・(‘ω’`)

牙が・・・(‘ω’`)

 

 

 

加えて新鯖も発表されました(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

その名も、ブラダマンテさん(‘ω’`)!!

 

 

 

 

 

 

 

誰・・・(‘ω’`)?

 

 

 

 

その辺はゲームして、見聞を深めていければと思います(‘ω’`)

しかしまぁ、アホ臭というか(‘ω’`)

元気臭というか(‘ω’`)

中身的には好みな感じがとてもするのが恐ろしいですね(‘ω’`)

 

サクっと出てくれればいいんですが・・・。

 

 

 

 

そんなブラダマンテさんの宝具演出がこちら(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

クレヨンしんちゃんかな(‘ω’`)?

 

 

 

 

 

 

 

製作者の皆さんには申し訳ないですがくっそ笑いました(‘ω’`)

ここまで【性】を感じさせない女性のお尻は久しぶりです(‘ω’`)

 

 

 

パーン!!!!ってひっぱたきたくなるケツしてるよね。

 

 

 

 

ケツこっちに向けんじゃねぇ!!!ってパーンって(‘ω’`)!

 

絶対このケツに文字書くコラ画像出来そう。

 

 

 

 

 

と、前置きも程ほどにしてですよ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

今日の記事は映画紹介なんだよ(‘ω’`)

 

 

 

周回のお供はやっぱり映画!

そして周回のお供ですから全て吹き替え有です(‘ω’`)!

 

過去にも映画の記事は何枚か上げてますので

映画カテゴリー

映画
「映画」の記事一覧です。

 

↑こっちからも見ていただけるとなと思います(‘ω’`)

 

 

というのも本日紹介する映画は基本的に変化球ばっかりだと思います(‘ω’`)

私は前向きになれるとか、明るい気持ちになれる映画ばっかり紹介していますが

基本的にどんなジャンルでも見るのです( ˘ω˘)

 

今日はそんなクセのある映画をメインに紹介していこうと思います(‘ω’`)

 

全部Amazonプライムで見れますので安心してね(‘ω’`)

 

 

では早速(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

イコライザー(2014)

 

 

元CIAエージェントのマッコールは、いまはホームセンターで働く、ごく普通の真面目な人間として生活していた。しかし、ある夜、なじみのカフェで娼婦の少女テリーと出会い、彼女を囲うロシアンマフィアの非情さに、内に眠っていた正義感が目を覚ましていく。かつてのマッコールは、身のまわりにあるあらゆる物を武器に変え、警察では解決できない不正をこの世から瞬時に消してしまう「イコライザー」と呼ばれる男だった。マッコールはテリーとの出会いから、再びイコライザーとしての仕事を遂行していく。

 

 

 

初球は真ん中高めのストレート(‘ω’`)!!!

 

 

 

これは誰でも面白いと思います(‘ω’`)

法で裁けない悪が蔓延る街でめちゃめちゃかっこいいデンゼルワシントンが無双するお話です(‘ω’`)

 

TUEEEE系ですね(‘ω’`)

 

もう凄いかっこいいんだから(‘ω’`)

続編のイコライザー2も上映予定ですし

是非これを機会に見て欲しいですね(‘ω’`)

 

ただただカッコイイので、誰でも明るく楽しめると思います(‘ω’`)

多少残虐描写がありますが・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

スノーデン(2017)

 

 

2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンが、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。そこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAのスタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…。 Rating PG12 (c)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

実話なのよねこれ(‘ω’`)

だからこそ、恐ろしく感じる所もあり。

身近だからこそ、感じるものが多々あると思います。

日本でもこの事件は話題になりましたし、世界的にも凄く話題になりましたよね。

それの映画版です(‘ω’`)

勿論エドワード・スノーデンの主張と実際にあった事を元として作られていますから

アメリカ国内の人々からは賛否両論だと思います(‘ω’`)

 

ただ、インターネット世代だからこそ(‘ω’`)

SNS世代だからこそ、見ておきたい作品だと思います。

 

そして現在もスノーデンはロシアに亡命中で

日本人に向けてもメッセージを伝えています。

 

それに関しては映画を見終わった後にでも【スノーデン 日本】とでも検索して

読んでみてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

ローン・サバイバー(2013)

 

 

<ひとりでは、生き残れなかった。>作戦に参加した4人のシールズは、アフガンの山岳地帯での偵察任務中、ある「決断」により200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。それは世界一の戦闘能力を誇る隊員たちも死を覚悟する絶望的な状況だった。しかし、あるひとりの兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。いったい彼は、どうやって4人対200人超の過酷な戦場をサバイブすることができたのか?

 

 

こちらも一応実話とされています。

 

 

一応というのは真偽については色々議論が交わされているので

出来ればそういうものを見る前に1度見てほしいですね(‘ω’`)

 

映画という観点から戦争の怖さを伝えるには十分すぎる映画だと思います(‘ω’`)

 

魅せ方というか、演技と演出が凄くいいです(‘ω’`)

軍事産業で成り立つ国だからこそ、色々言われる事もありますし

悲しい事件や、それを取り巻く環境も特殊です。

 

近年では、退役軍人のPTSD等が社会問題になっていますが

これを見ればその感覚の一片でも伝わるんじゃないかなと思います(‘ω’`)

 

私は素直に怖かったです(‘ω’`)

 

9,11をリアルタイムで見ていた私としては画面の向こうの出来事でしたが

タリバンやアルカイダ、最近だとイスラム国ですか。

そういうイスラム過激派とアメリカの関係が少しでも分かるのかなと思います。

アメリカのプロパガンダ映画だ!といわれればそれまでですが

戦争映画が嫌いな人でも近代史の戦争映画ですので

是非見て欲しいなぁと思います( ˘ω˘)

 

ネイビーシールズを題材にした映画は沢山ありますので

これで興味を持った方は、ネイビーシールズで調べて映画を見てみると良いでしょう(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

第9地区(2010)

 

 

エイリアンが飛来したヨハネスブルグ。彼らは抵抗するでもなく、市街から離れたスラム地区に隔離されてしまう。そして今ひとりの人間が、この地球外生命体の謎に包まれた兵器テクノロジーに遭遇する。エイリアンが住み着く貧民窟、その異界と化した路地裏を追われ(狩られ)ながら、男はやがて、人類にとって今やアウトサイダーである己の運命を悟ることになる。 Rating PG12 (C) 2009 District9 Ltd. All Rights Reserved.

 

 

 

はいSF(‘ω’`)

 

普段は私はあんまり見ないジャンルですね(‘ω’`)

 

映画もドキュメンタリー方式で進み

魅せ方的にも内容的にも私はあんまり見ないジャンルです(‘ω’`)

 

 

が(‘ω’`)!

 

 

まぁ・・・(‘ω’`)

なんといいますか・・・(‘ω’`)

 

面白い面白くないではなく。

凄いという言葉が適切かなという映画でした(‘ω’`)

 

ただ、もう1度見たい?と聞かれると

Noと答える映画です(‘ω’`)

 

でも面白くない事はない(‘ω’`)

凄かった(‘ω’`)

 

人によって色んな色に見える映画だと思いますので

ここに紹介しました(‘ω’`)

 

多くは語らず紹介のみ( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャッピー CHAPPIE

 

 

2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。彼の名はチャッピー。起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングにさらわれたチャッピーは、ギャング式の生きる術を覚え加速度的に成長する。ただ「生きたい」と願うチャッピーの人知を超えた行動に、我々は衝撃の結末を目撃する。

 

 

またヨハネスブルグゥ(‘ω’`)!?

 

 

はい、こちらは1つ前に紹介した第9地区と監督一緒なんですね(‘ω’`)

第9地区で思うところが多々あり。

この監督の作品にもっと触れてみたいなと思い、この作品を視聴(‘ω’`)

 

 

まぁーやっぱこの監督は異才なんだと思います(‘ω’`)

 

 

良くある人の心を持った機械。

日本のアニメでも良くあるイヴの時間とかー・・・。

プラネタリアンとか。

プラスティックメモリーズとか。

そういう人工知能系の悲しいお話かな?と思っていると…。

 

という作品です(‘ω’`)

メッセージ性が強いですよね(‘ω’`)

終盤にかけては本当にそれぞれ意見が分かれると思います。

 

全く別の映画になった感覚を私は覚えましたし

自分に置き換えて考えると、恐ろしくもあり。

どこかでこういう考えは誰しももっているなという気持ちもあり。

 

第9地区と同じく。

 

心に響くではなく、根付く作品だと思いました(‘ω’`)

 

これとは逆に明るく終わったのが楽園追放・・・なのかなと思いました(‘ω’`)

これで冒頭の尻のフラグ回収したな(‘ω’`)♪

 

 

 

 

 

という5作品(‘ω’`)!

 

是非見てもらえたらと思います( ˘ω˘)

 

というわけで今日の所はこの辺で(‘ω’`)

 

皆さんも良き周回を( ˘ω˘)

 

ではではお疲れ様でした(‘ω’`)!

 

 

 

コメント

  1. 名無し より:

    CKTとリターンマッチの二択の悪夢はなくなったんだ(‘ω’`)!
    出る虹エフェクトは全部当たり(‘ω’`)!

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      あれは毎年ネロ祭・・・改めギル祭りの時だけだったんだよなぁ(‘ω’`)
      あれほんまクソでしたな(‘ω’`)!

  2. 名無し より:

    デッドプールもお勧め(小声)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      もう見てますよー(‘ω’`)!!
      面白かったですね(‘ω’`)w
      最初の方の手錠繋がれてギコギコしてるとこからコイツはやべぇやと思って楽しかったです(‘ω’`)
      軽いベッカムdisとかも(‘ω’`)!