【映画】セガvs.任天堂/Console Warsを見た感想。今も輝くSEGAはその昔、燦然と輝いていた!

PSO2
スポンサーリンク

 

 

はい(‘ω’`)

今日はー(‘ω’`)

映画(‘ω’`)!

 

 

さぁ(‘ω’`)!!!

今も楽しく遊んでいる我らがPSO2ですが(‘ω’`)!

そのPSO2、ファンタシースターシリーズの生みの親こと『SEGA』。

数多のゲームを世に生み出し、数多の世界をユーザーに与え。

数多の人の人生を大きく変えた『SEGA』。

そんなセガが過去にゲームハードを作っていたことを知らない人も今はもう増えてきているかもしれません(‘ω’`)

 

 

 

かくいう私も世代じゃネんだわ。

 

 

 

多分80年代前半生まれがそのドストライクゾーンじゃないかな(‘ω’`)

私もセガのゲームハードでやったことあるのってドリームキャスト位じゃねぇかな・・・。

きったねぇメガドライブは友達持ってましたけどやってなかったすなー。

それ位、私の幼少期の時代ではゲームといえばプレステか64!だったんですね。

ドリキャス持ってる奴は金持ちやったわ。

 

 

 

そんなSEGAが当時世界最強の任天堂に噛みつき。

世界の覇権争いをするノンフィクションドキュメンタリー映画・・・。

 

 

セガvs.任天堂/Console Wars

 

 

 

 

もう面白そうで草生える。

 

 

いやね!

私も任天堂に立てつくなんて!SEGAグエーやられたンゴ!

みたいな感じかなと思っていたんですが。

 

あらすじの紹介をば(‘ω’`)

 

原作は本みたいですのでそこからちょこっと拝借して。

 

 

 

1990年、任天堂はアメリカにおいて家庭用ゲーム機市場の90%を占める圧倒的覇者だったんですね。

その一方セガはアーケード中心の中小メーカーにすぎませんでした。

しかし、トム・カリンスキーがセガオブアメリカのCEOに就任したのを皮切りに、ゆっくりと勝負の振り子が揺れ動き始めるのです。

セガが繰り出す数多の奇策に、覇道を進む任天堂。

セガと任天堂、日本とアメリカ、ソニックとマリオ、数多の世界を巻き込んでゲームという刃を交えた戦争が幕を開けます。

果ては米連邦議会まで発展し、ありとあらゆる場所で繰り広げられることとなった激闘の果ては・・・。

そして、セガが任天堂に勝利したのか。

更に技術が進み、sonyが参入し、更に混沌とするはずだったゲーム市場。

次世代機『プレイステーション』『ニンテンドー64』『セガサターン』。

この争いの果てにセガは何を得て、何を残せたのか。

ゲーム業界隆盛期を描いたドキュメンタリー映画・・・です(‘ω’`)!

 

 

 

 

 

ドキュメンタリー映画ですので!

映画感覚で見るより知識を深める!という目線で見るととても楽しいと思います(‘ω’`)

 

このゲームが好き!というなら尚更楽しいと思いますよ(‘ω’`)!

世代の人たちだったら多分凄い面白いと思う(‘ω’`)

 

私自身は勿論とても面白かったので記事にしているわけですが(‘ω’`)

 

ただ映画はUNEXTではありますが(‘ω’`)!

 

 

 

 

本もあるよ(たけぇ・・・。)

 

 

 

 

 

 

ちなみに本作内で出てくるゲーム機『ジェネシス』とはメガドライブのことですねー(‘ω’`)

 

 

 

映像内で描かれる、任天堂とセガの殴り合い(‘ω’`)

圧倒的強者の任天堂に牙を悔いた勇猛果敢なセガ(‘ω’`)

時代は流れ、sonyも参入し、次第に力の差。

開発力の差が出始め。

セガサターン1000万台

ニンテンドー64、3000万台

プレイステーション1億台・・・。

 

そして皆さんご存じ(‘ω’`)

その数年後にSEGAはハード業界から撤退へ。

 

 

 

 

でもSEGAは今でも頑張って僕らに夢を与えてくれる。

(それにより新たな犠牲者が・・・)(‘ω’`)!

 

 

いやー(‘ω’`)

ソフト方面ってやっぱり生まれては消えていく業界じゃないですか(‘ω’`)?

特にPS3が出た時とかね(‘ω’`)

開発環境整わず何社潰れたかって話よ(‘ω’`)

 

 

というね(‘ω’`)

とても興味深い!

しかも我々には縁がある作品ですので(‘ω’`)!

是非!

チャンスがあれば見てほしいなと思います(‘ω’`)!

あまぷらにも出荷してクレメンス(‘ω’`)

その方が進めやすい(‘ω’`)

 

ではではという感じで今日の所はこの辺で(‘ω’`)!

コメント

  1. 名無し より:

    うわ~見てぇ! TUTAYAに置かないかなぁ・・・
    本はちょっと高いね・・・レンタルに期待ですかねw

    自分は初めて買ったセガハードはメガドラです、今は無きダイエーで安かったのでソフトと一緒に買いました
    アーケードゲーマーでもあったんでセガのアケゲーが遊べたのは素直に嬉しかったですね
    でも結局SFCに手も足も出ませんでしたね

    その後SSで一瞬任天堂を超えたのですがソニーという世界企業に敗れました
    お互い打倒任天堂でしたが企業の力は凄かったと言うべきなのか
    DCを買い移植度の高さに感動しましたが翌年のPS2でトドメ
    こうしてセガハードの歴史に幕が降りましたね

    据え置き機に携帯ゲーム機と頂点目指して戦い敗れた
    懐かしくも熱い時代だったとその時代を生きたおじさんは思ってます(^_^;)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      本当にバチバチしていたんだなぁと非常に伝わる内容でした(‘ω’`)!
      そして終わり方も凄い良いんですよ(‘ω’`)!

      負けたんだけどよ!やっぱセガよ!みたいな感じで最高でしたね(‘ω’`)

      その時代を駆け抜けた方なら間違いないでしょうし
      アマプラにでも出荷されねぇかな(‘ω’`)

      私は所謂この後の世代なので若干熱さが分からないんですよねぇ(‘ω’`)
      でも、さぞ、制作側もユーザーも熱意の塊だったんだろうなと思います(‘ω’`)