【MHF】モンスターハンターフロンティア約12年の歴史に幕。全てが生まれた場所に最大の感謝を。

ゲーム雑記
スポンサーリンク

 

 

2007年の夏。

私はモンスターハンターフロンティアの世界に飛び込んだ。

大好きなモンスターハンターのオンラインゲームである。

私は瞬く間にのめり込んだ、生涯こんなに情熱と時間を注ぐ事になるゲームは今後無いと思う。

ゼロというネットの人格が生まれた場所であり。

ゼロの狩人奮闘記、そして現在のゼロ距離突破が生まれた原点である。

 

サービス開始から2013年の9月まで私はプレイした。

数々の経験を経て、オンラインゲームのリアルへの干渉の恐ろしさ。

そしてこれ以上ないと思わせるほどの面白さ。

色んな事を味わわせてくれたモンスターハンターフロンティアが今年でその物語に終止符を打つ。

 

 

 

【重要】『モンスターハンター フロンティアZ』2019年12月18日(水)サービス終了のお知らせ|MHF-Z公式メンバーサイト
MHF-Z公式サイトからのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

うむ…(‘ω’`)!!

 

 

 

言葉が上手く見つからないというのが正直な感想です。

 

 

まだ。

見ているかは分かりませんが、それを期待して2007年の11月からブログを続けているのかもしれませんし。

私にとってのMHFを簡潔に記していこうと思います。

 

 

 

全てを記そうと思ったらこの量の何千枚のSSなんで無理です。

 

 

 

※いつもは名前を隠しますが今回は野良の方も出させて頂きます。

 

 

私がまだ、誘われたチームに居た頃ですね(‘ω’`)

凄く凄く楽しかったのを覚えています(‘ω’`)

しかし、それから団はポツリポツリと人が減り。

遂には私ともう2,3人だけになったんですね(‘ω’`)

そこで、「ゼロちゃん新しい団作って団長やりなよ」と言われ。

そこから私の生活はMHF中心に回り始めました。

 

 

 

新たな団を立ち上げてからは前の団に居た3人が付いてきてくれ。

団員の勧誘に必死でしたよ(‘ω’`)

 

そこでまず名前を売るにはどうすればいいのか?

 

丁度いいタイミングでMHF公式韋駄天大会という狩猟の速度を競う大会が行われました。

 

 

ゼロ「せや!ここで1位になれば名前売れる(‘ω’`)!!」

 

 

正直私はとても上手いと思っていました。

実際に野良でも粗方こなせましたし団の中でも1番上手い自負がありました。

 

 

しかし井の中の蛙。

 

 

当時のMHFの人気と人口。

私程度などゴロゴロいたのです。

 

 

 

1番自信のあったハンマーが50位、公式サイトにも乗らず。

 

 

 

 

参加人口が比較的少なかったガンスで32位。

 

 

 

 

なんだこの世界は…(‘ω’`)

 

と、衝撃を受けるとともに私はいつか1位になることを胸に誓いました( ˘ω˘)

 

 

 

 

そして、人生初のネトゲで年越し。

 

 

凄い一体感を感じる!(AA略

この時は本当に本当に楽しい。

楽しいや面白いだけでは形容できない面白さがそこにはありましたね(‘ω’`)

 

 

団員も少しずつ増え、団でクエストを回せる所まで大きくなり。

遂に手に入れた猟団部屋。

 

 

この時期が多分エスピナス実装の少し前だと思います(‘ω’`)

にゃーちゃとは今でもMHWで遊びましたね(‘ω’`)

そう考えると11年以上の付き合い、凄いですね(‘ω’`)

 

 

 

 

そして、団も軌道に乗った私は只管に求人区通い。

強い装備を携え、更なる装備を求め、修羅の国求人区へ入り浸りです。

 

 

 

只管に効率のノウハウを追いかける事により

モンスター1つ1つの挙動も手に取るようにわかってきます(‘ω’`)

単なる穴ハメのようなものもあれば、ディレイをかけての怯みハメ。

フレーム回避で罠誘導。

今、同じことをやれと言われても難しいと思いますが

求人区に入ると挨拶も軽く済ませ

「ゼロさん、〇〇役でいいですか?」

「はーい(‘ω’`)」

今だと緊張で自律神経おかしなるでこんなん。

 

 

 

 

 

そして、遂に手に入れた韋駄天2位の称号(‘ω’`)!

 

 

 

 

エスピナスだったと思います。

公式サイトに載って嬉しかったですねー(‘ω’`)

 

 

 

 

そして、シーズン3変幻アクラヴァシム。

MHFでのモンスターで好きな方も多かったのではないでしょうか?

凄くMHFらしいモンスターだと思いますし、私も好きでしたね(‘ω’`)

 

 

 

尻尾の切り方が誰も分からず、情報を集め何度もトライ。

これぞネトゲの最高の楽しみだと感じました(‘ω’`)

先駆者が自分たちという高揚感、成しえた時に達成感。

 

 

 

 

そらもう最高なんよ(‘ω’`)

 

 

ちなみに私は。

「フレに呼ばれたんで移動しますね^^;」ではなく

「ご飯なので休憩します(‘ω’`)」派でした、

 

 

ただ、この辺りでネトゲの嫌らしさも感じてくるようになりました。

早い話が自己嫌悪に陥るんですね(‘ω’`)

求人区に入り浸る私達はそりゃもう装備の指定はギッチギチでした。

しかし、PSの面はやってみないと分かりません(‘ω’`)

1人の影響で10秒、20秒の遅れ。

こちらの動作が1つ増える。

たったそれだけでイラつく自分に嫌気がさしてきた時期でもありましたね(‘ω’`)

 

 

それから結果的に求人区は勿論使うけれども。

出来る事なら団で効率を回せるようにしようと思うようになりました。

それなら1つ2つ動作が増えても、20秒、30秒遅れても楽しさに代わるのです(‘ω’`)

 

 

 

猟団も大きくなり、更に大きな部屋も頂きました(‘ω’`)

 

 

 

 

そして、転機シーズン4,0.

 

 

 

 

看板モンスターベルキュこそ最高でしたが。

ここで装備販売が始まりました(‘ω’`)

パッケージのようなものではなく装備ガチャです(‘ω’`)

当時最強と謳われたトリアカを超える性能のガチャ装備が実装されたのです。

 

 

 

トリアカくそかっけぇだろ(‘ω’`)

 

 

 

このトリアカの上位互換。

しかも女性キャラならなんと乳丸出しで揺れるんです(‘ω’`)

 

ここで引退者も続出…(‘ω’`)

私も後に続くか…、となりましたが。

団があるということが1番引っ掛かり…。

 

 

トリアカで1人、雑用でもなんでもこなすわけです(‘ω’`)

 

 

 

 

結論としてこの時期はPSとしては最高でしたね(‘ω’`)

おかげで全ての武器を一定以上で使えるようになりましたし

空いてる枠にスライドで入れるというのは凄い強みになりました(‘ω’`)

 

 

 

 

【悲報】ガチャ受け入れる。

 

 

しかもですね(‘ω’`)

トリアカの上位互換といいましたが。

ガンナー装備は唯一無二の最強装備だったんですね。

ですので、ガンナー胴を手に入れるために初のガチャですね(‘ω’`)

 

 

今?

FGOで10万ガチャ(‘ω’`)

 

 

時代の流れって怖いね。

 

 

 

 

 

そして、シーズン4,0。

 

 

 

遂にこの時が来るんですね(‘ω’`)

 

 

団を作りその後、初期を支えてくれた。

らんちゃん、アマネさん、楓さん。

メゼポルタに来なくなったんですね…(‘ω’`)

 

出会いがあれば別れもありますが、寂しいですね(‘ω’`)

団長副団長という立場をここで、私は育ったまよいとあーくに託したと思います。

 

彼らはシーズン4,0からでしたが後に私達にとって大きな大きな存在となりました。

 

 

そして、シーズン5,0パネーヨキャラバン。

アバブ維持しようね。色集めという地獄作業。

 

 

 

そして、まよいはオタクでした。

 

 

コイツの影響でアニメを見るようになったんだと思います。

色々教えてもらいましたね。

当時はまだオタクって今ほど市民権得てないですからね(‘ω’`)

私としても遠い存在でしたので、お話は輝いて見えました(‘ω’`)

 

そして、今でもたまーに話題になるのが狩人祭。

 

 

当時はミラルーツで10魂+シクレでしたから

もう死ぬほどこの1週間はやってたと思います。

私は睡眠不足で下痢が止まらずでしたし、上位3人は死ぬ気でやってたと思います(‘ω’`)

 

そうか、この時はネメとファルに魂あげて装備を作りやすくって話でしたね(‘ω’`)

感動話よ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

で、これよ。

 

 

 

 

進化武器という殺し合いの螺旋。

でも初めて皆で討伐したラヴィは楽しかったし嬉しかったし興奮しました。

 

 

 

 

 

 

そして、それからも団のメンツはあまり変わらず。

各々ソルジャーとなっていき。

只管剛種を狩る毎日。

秘伝書システムがあり、それぞれが持ち寄れるSRでテトリスのように打線を組み。

挑むハメ。

 

 

この睡眠、タメ4、麻痺、ブーメ尻尾切断、穴のハメ考えた人凄いですよね。

誰が何発撃つということも事前に決めて、大剣がホスト(‘ω’`)

こういうハメは楽しかったですねぇ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

ラヴィは続くよどこまでも(狂)

 

 

このラヴィエンテに関しては何度いっても緊張しました。

ネトゲで緊張するのは多分これだけだと思います。

PvEのはずなのに一定量の宝石を奪い合うようなシステム(‘ω’`)

それにより報酬が変わってきますから、野良PTはもう火力出すことに全力ですよ。

 

 

ネルちゃがめちゃくちゃ上手かったなぁ(‘ω’`)

 

 

 

うんこなうもこの時期でしたね(‘ω’`)

 

 

 

 

ほんとにチャット面白かったんですよ。

 

 

 

 

 

そして、この時期に流行ったのが爆撃オーラアロー。

とにかく私もそれをしたくて。

なんとしても爆撃オーラアローをやりたくて。

ネカフェに何度も何度も通い、何度も何度もたっぽりをし。

ようやく担いだころに弱体化決定だったと思います。

 

 

 

 

クソだせぇだろ(‘ω’`)?

 

これね。当時の双剣最強装備。

 

 

 

これを作るまでに何百時間、何千体のモンスターを狩ったでしょうか(‘ω’`)

モンハンと言えば装備を組み合わせてキメラ装備でスキルを~ってのが醍醐味ですけど

秘伝書システムが導入されてからは秘伝装備という。

その武器種の専用装備が実装されてたんですね(‘ω’`)

まぁ、廃しか作るの無理だったんですけどね(‘ω’`)

その後、3日で1000円のコースでちょっと多めに秘伝防具の素材もらえるコースが実装されまして。

それでも十分にキツいんですけどね。

 

 

 

皆秘伝よ(‘ω’`)

 

 

 

 

こんなん笑うわ。

皆立派になって(‘ω’`)

出会った頃はピヨピヨのハイメタテンプレだった皆も立派なソルジャーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこの頃にはひと悶着あって求人区が機能しなくなっていたので

私としても団で効率的に回せるというのはとてもありがたいことでしたね(‘ω’`)

 

 

 

 

 

そして、MHFG~。

 

 

 

 

 

ノーコメントで。

 

 

 

と。

ここらで纏めに入りましょう。

 

 

こういうこと…ですわな(‘ω’`)

 

 

MHFGで大量、異常ともいえる人数が減ったわけです。

それはやっぱりMHFGに期待して裏切られたと、感じる人も多かったのかもしれませんが

個人的にはFシーズンの3日3000円コースだと思っています。

装備ガチャ以上にゲーム性を破壊してしまいますし。

それが続投というのは不味かったと思います(‘ω’`)

 

ただ、それでも。

進化し続ける狩人に、進化し続けるモンスター。

ではそれについていけなかった人は引退なの?

狩りコ使ってでも一緒にやりたいという人は事実いたんですね(‘ω’`)

しかも身近に(‘ω’`)

これは今思えば長く運営し、あらゆるノウハウを手に入れた狩人こそが

こういう状況を作ってしまったのかなぁと思います(‘ω’`)

ユーザーは悪くないですし、運営もそれに答えなきゃいけない。

どうあっても避けられなかった道だと思いますね(‘ω’`)

 

私の最後はアレでしたが。

それでも1番面白かったネトゲは?と聞かれれば迷わずMHFと答えるでしょう。

それくらいにやっぱり素晴らしいゲームだったと思います。

運営は叩かれていましたが、叩かれているうちが華とはまさにそうだなと思いました(‘ω’`)

期待している、ゲームが好きだからこそユーザーも全力で運営に文句を言うんですよね(‘ω’`)

 

 

良く、ネトゲが終わったら掛けた時間やお金が無駄になるという話を目にします。

私はMHFの為にPCを買いました。

MHFの為に当時バイト始めました。

MHFをもっと楽しむためにブログを始めました。

MHFを更に楽しむためにゲームとは全く関係のない勉強を始めました。

 

 

結局全部自分の為になってるんですよね(‘ω’`)

 

 

無駄なことなんて世の中少ないです(‘ω’`)

今ある時間を大切に楽しく。

 

だから私はMHFで得たもの、出会った仲間たちをそのままに今はPSO2に居るわけです。

 

 

地獄→地獄。

 

 

 

冗談です。

 

 

今、MHFのサ終了を告げられ失意の人もいるでしょう(‘ω’`)

その人たちに「もう少しでMHWアイスボーン来るから!そっち!」とは私は言えません(‘ω’`)

ネトゲの感情はネトゲでしか埋められないのです(‘ω’`)

だから私を受け入れてくれたエオルゼアとオラクルにも感謝( ˘ω˘)

 

終わりの見えないものを求めてネトゲ触ってる人って多いと思いますしね。

素敵なゲームがしたいのは当たり前。

だけど、その先のクリアの虚無感には出会いたくない。

という結果がネトゲなんじゃないかなぁと思うのです(‘ω’`)

 

 

長くなりましたが。

MHF本当にお疲れ様でした。

ドスベースでキツいというのは昔から言われていましたね。

それでも12年という月日を刻み、ユーザーの数だけドラマを与えてきた功績は凄いと思います。

 

 

いつか、また。

オンラインの世界で会えたなら。

 

 

 

 

杉浦は嫌だな。

 

 

なんてね(‘ω’`)w

冗談ですよ(‘ω’`)

 

でもそういう期待もあるのかもしれませんね。

果たせなかった約束を次こそ新天地で。

 

ではでは今日の所はこの辺で(‘ω’`)

お疲れ様でした(‘ω’`)

 

本当にMHFお疲れ様でした。

 

コメント

  1. 名無し より:

    私は箱丸のサービス開始と同時に始めました
    リアフレがやるから一緒にやろうと誘われたからで最初は乗り気ではなかったですね
    そのリアフレがやらなくなり自分はそのまま続けてました
    理由はそれまでモンハンはPしかやらなかったのでソロが大変でつまらなかったのがネットでいろんな人と遊べたことがかつてハマった初代PSOを思い出したこと
    もう一つは攻撃方法が選べたのもあり、もし右アナログのみだったらすぐに辞めてたと言えます
    やり過ぎてレッドリング出してしまい修理依頼をしましたら3.11後でMSが被害地域対象の無料修理キャンペーンやってたんですが、電話で依頼したところ「ついでに」と対象外なのにタダで直してもらえたのを覚えています
    G1まではハマってたんですが身体壊して入院し、退院後繋げたら周りが随分と先に進んでたのを見て急激に冷めて辞めてしまいました
    やはり秘伝系はモンハンの特徴である装備の自由度を破壊した悪手だと思いますし、G1であれだけ頑張って作った装備やスキルが役に立たなくなったのも悪手なのかな?と感じてます
    それに対象のモンスターを倒す為にそのモンスターの素材が必要で、その為に募集してるのに装備が気に入らないと呼ばれたと逃げ避ける行為も醜く感じてました

    何はともあれ多くのユーザーを賑わせたゲームが去るのは感慨深いというか寂しいですね
    長文失礼しました

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      箱民(‘ω’`)!
      箱の方々も沢山いて、一緒に遊びたいと言ってくださったのを覚えています(‘ω’`)
      ネトゲって少しやらないと冷めちゃうってありますしね(‘ω’`)

      秘伝系に関しては進化武器もそうですが
      やっぱりすごく高い目標ってネトゲは必要じゃないですか(‘ω’`)?
      実装当初の秘伝ハードルなんて異常でしたし(‘ω’`)
      だからそういう意味ではネトゲだし仕方ないのかなぁと思います(‘ω’`)
      本当に凄いゲームでしたね(‘ω’`)

  2. じん より:

    このブログを知ったのはMHFがあったからこそ。
    なければ知ることもなかったかもしれない。
    出会い?に感謝です。

    ギウラス復活したら倒しに行きます

    • ゼロ より:

      >>じんさん

      MHFが無ければブログやってないから凄いですよね(‘ω’`)
      エイプリルフールだったかにギウラスの顔したババコンガあったりとか
      頑張ってましたねー(‘ω’`)
      また戦いたいもんですな(‘ω’`)

  3. KAKA より:

    こんばんわ
    びっくりしました 終わってしまうんですね・・ Fがしたくてネット環境整えて箱を買い、ネトゲにどっぷりはまり、ゼロさんの事を知り~今に至る
    赤ちゃんだった長女が中1ですよ・・時の流れとは恐ろしい(笑)
    ((((;゜Д゜)))
    しなくなったとはいえ、やはり少し寂しいものですね・・
    失策を教訓にして、新しいネトゲを作って欲しいと願うばかりです。

    • ゼロ より:

      >>KAKAさん

      赤ちゃんだった長女が中一…(‘ω’`)
      なんだか凄い時間の流れを感じますね(‘ω’`)w
      新作MHFですか(‘ω’`)!
      そういうお話も近い未来あるのかもしれませんな(‘ω’`)!

  4. nya より:

    Fも遂に終わってしまうのか…
    サービス開始から沢山やったイメージだったけど12年って考えると半分もやってないんだなぁ…
    でも色んな事があったしゼロさんとも出会えたしFホンマありがとう
    あんまバリバリにはできんけどアイスボーンやるんでまた遊びましょ!

    • ゼロ より:

      >>nyaさん

      頭のどこかには「今どうなってるんだろ」的なのはあったりしたよね(‘ω’`)
      それでも詳しい情報って分からないから驚いたのは事実(‘ω’`)
      私でも半分ちょっとですからねぇ(‘ω’`)
      頭から終わりまで歩みをやめなかった戦士は何人いるのか気になりますな(‘ω’`)!

      アイスボーン楽しみやね(‘ω’`)!
      MHFには感謝感謝(‘ω’`)!

  5. あや より:

    約9年楽しませてもらいました。
    ゲームにこんなにはまるなんて思いもしなかった。
    楽しかった思い出ばっかりです。
    色んな人に出会えて自分の知らない世界をいっぱい教えて貰った場所。
    いつかはサービス終了があるだろうとは思ってたけど
    自分がINしてる間にそれが来るとは思ってなかったです。
    最後まで見届けたいと思います。

    あ、ゲーム内でゼロさんにお会いしたかったなぁw
    MHFがあったからゼロさんのブログにも出会えたので
    やっぱり感謝の気持ちでいっぱいです+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚

    • ゼロ より:

      >>あやさん

      9年(‘ω’`)!
      恐らくあやさんの人生で1番情熱と時間、そしてお金を注いだゲームでしょう( ˘ω˘)
      しかし、文章を見る限りその対価は余りあるほどもらったようで(‘ω’`)
      私もMHFに対してはそういった気持ちですので(‘ω’`)
      最後を見届けに…(‘ω’`)
      行く可能性も無くもない(‘ω’`)
      私としても感謝でいっぱいですね(‘ω’`)