ドジャース対レッドソックス見終わってから出るか。→まさかの延長18回。

※やきうネタです。

本日、早朝6時起床。

U-23ワールドカップ野球を見ながら飯を食う。

ゼロ「んだ、このゴミ球場(‘ω’`)」

ゼロ「試合中にスプリンクラー作動してら。」

直後3ランで日本勝利、決勝へ。

ゼロ「種市・・・君?オフにも関わらず8回までほんまお疲れ様やん(‘ω’`)」

そして時刻は9時、ワールドシリーズ3戦目ドジャース対レッドソックス。

母「今日はマエケンでるかなー?」

ゼロ「今日は負けてても出ないんじゃね?」

ゼロ「もうドジャース落とせないし(‘ω’`)」

しかしこの時の私はあんなことになるとは思っても見なかったのである。

時刻は進み昼前程、友人が合流。

そのまま少し用事を済ませるためだ。

友「おー、野球」

ゼロ「うい(‘ω’`)」

友「いつ頃行く?」

ゼロ「これ終わったらいこか(‘ω’`)」

ゼロ「多分このままドジャース勝つでしょ。」

ドジャースの先発ビューラーの好投でレッドソックス打線を抑え込み。

7回無失点。

レッドソックスの先発も好投したが、1失点とドジャースリード。

そして8回、ドジャースのクローザージャンセンが前倒しで登板。

ゼロ「8回にC・・・?まぁ勝っただろ。」

友「すげー髪とヒゲじゃん。」

友「投げるのに邪魔になるでしょw」

ゼロ「レッドソックスのクローザーのキンブレルのヒゲの方がやべーぞ。」

しかし、ジャンセン。

ブラッドリージュニアに同点ソロHRで無事飛翔。

ゼロ「あ。」

友「あ。」

ゼロ「またこいつかよ!」

ゼロ「ブラッドリーJrって名前もかっこいいし悪魔だわこいつ。」

友「これどうなんのどうなんの?w」

ゼロ「延長濃厚(‘ω’`)」

友「さっきからマエケン映ってるけど投げないかなー?」

ゼロ「まぁ、流石にまだ投手いっぱいおるし投げんと思うよ。」

そして、延長11回、レッドソックス投手が尽きる。

12回イオバルディがマウンドへ。

ゼロ「wwwwww」

ゼロ「イオバルディwww」

ゼロ「投げると思わんかったやろなぁ・・・。」

友「?」

ゼロ「これ多分明日の先発wwww」

友「wwww」

そして、13回レッドソックスが勝ち越すも。

13回の裏でドジャースのプイグが追いつく。

ゼロ「喜んでねーで走れやプイks(‘ω’`)wwww」

※この時プイグがヒットで1,3塁かと思いきやセカンドが1塁悪送球で3塁ランナー生還。

プイグは大喜びでしたが、走っていれば未だ2アウト2塁のサヨナラ状況だった。

そのままサヨナラとはならずに延長は続く・・・。

ゼロ「いやー・・・。これマエケン出るな・・・。」

友「おぉ!!最終兵器!!!」

ゼロ「ドジャースもピッチャーもう枯れるし・・・。」

ゼロ「つーか、イオバルディが3番入ってるのが致命的だし・・・。」

ゼロ「あっちDHだからバットなんて投手は打者やんねーんだわ。」

ゼロ「みろほら、イオバルディ素手でバット握ってら。」

友「wwwww」

そして、15回にマエケン登板。

友「きたーwwww」

ゼロ(頼む飛翔しないで。)

マエケンうち取った打球ではあったが。

ファーストがボールを見失い、マエケンが1塁カバーも全く間に合わず。

ノーアウトのランナーを出す。

友「あー・・・エラーやん。」

ゼロ「いやこれセカンドゴロやろ!」

ゼロ「ファーストがベースカバー入ってセカンドが処理してればギリいけてたやろ!!!」

友「おこんなよwww」

ゼロ「なぁーんでファーストが飛びつくんや。」

ゼロ「シフトだって普通のシフトやんけ!」

そして、マエケン。

続けて4球でノーアウト1,2塁。

ゼロ「終わったわ。」

ゼロ「ダルビッシュセファトファリードyouandマエケンやわ。」

友「わけわからんわwwww」

ゼロ「去年のワールドシリーズでドジャースに来たダルが爆発した後、大爆発した。」

ゼロ「ドジャファン多分一生おぼえてんで。」

友「wwwww」

しかしマエケン。

ここで送りバントをしてサード方向に転がった球に即座に反応。

そして神フィールディングでサードに送球し進塁阻止。

これにはターナーもにっこり。

ゼロ「うおおおおおおお!!!!」

友「うおおおおおおお!!!!」

ゼロ「これなら、ゲッツーでもいけるしヒットでんと点取られんで!」

しかし、マエケンヒットどころか連続三振で吼える。

そして16回も連続三振でマエケン吼える。

ゼロ「で?これいつ終わんの?wwww」

友「wwwwww」

ゼロ「もう今日やめべ、野球の日や。」

友「そうやねw」

愛兎あんこも、せやなといわんばかりに私の隣に居座り。

一緒に野球観戦。

ゼロ「つーか、イオバルディやっべぇな・・・。」

ゼロ「もう90球投げてるし・・・。」

ゼロ「中継ぎ90球wwwww」

友「でも先発ならいけんじゃないの?」

ゼロ「スタミナ的にはいけるやろうけど・・・。」

ゼロ「裏の守りで1点取られたらダメな状況でもう6イニングやぞ・・・。」

友「そういうことか。」

ゼロ「まだ160キロ出てるよ、バケモンだな。」

その後、レッドソックスもドジャースも野手投手ともにほぼ底を尽きる。

代打カーショーという珍事まで起こった。

ゼロ「なんだこれ・・・。」

友「wwwww」

ゼロ「ワールドシリーズ最長どころかポストシーズン最長だってよ・・・。」

ゼロ「オレ朝もU-23見てるから既に10時間位野球みてんだけど。」

友「やっばwwww」

ゼロ「んで18時半から日シリやぞ」

友「www」

ドジャース、投手尽きる。

ゼロ「もう打てやどっちでもいいから!!」

友「wwwwww」

その願いが通じたのか・・・。

イオバルディ・・・。

遂に飛翔・・・。

サヨナラHRをマンシーに食らう。

友「おおおおおおおおwwww」

ゼロ「おおー・・・。」

そして、私は全ての予定を押して

7時間半にも及ぶ試合を見終わったのだった。

なんだこれ(‘ω’`)wwww

いやー、マエケン凄かったですね(‘ω’`)

1イニング目はもう顔も真っ赤で汗だらっだらでしたけど

2イニング目はもう落ち着いて最高のピッチングでしたね。

しかしレッドソックスのイオバルディは正直見ていて可哀想でしたな・・・。

中継ぎ・・・。

というか打たれれば終わりの状況で7イニングも・・・。

このイオバルディの背中はとても悲しかったです(‘ω’`)

ドジャksはよ打って楽にしてやれや!!!

と、何度言ったか分かりませんが

イオバルディも超一流の投手。

160キロの真っ直ぐに多彩な変化球が持ち味でコントロールも良いです。

ドジャース打線も満身創痍で中々捕らえられませんでしたな・・・。

これが一流を超えた、超一流世界か・・・とまざまざ見せ付けていました。

これで2勝1敗で未だレッドソックスリードですが

この試合が今後に大きく関わるような気がします(‘ω’`)

そしてこの後、18時半からは日本シリーズです(‘ω’`)

ですので今日の所はこれでおしまい( ˘ω˘)

同じ試合見てた人はお疲れ様でした(‘ω’`)!

ではでは今日の所はこの辺で(‘ω’`)!

スポンサーリンク
本文
本文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    熱い試合だったとニュースで知りました
    シリーズ最長なんだそうでやる側は当然、見る側もさぞ大変だったでしょう
    日本シリーズはまさかの引き分け 正直メジャーみたいに決まるまでやらないところがまだまだ野球の質が違うなと感じましたね
    自分が言えるのはただ一つ
    選手も視聴者もお疲れ様でした と

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      MLBは地域スポーツでNPBは企業スポーツですから
      スポンサーの関係が大きく作用しているんだと思います(‘ω’`)
      私も延長12回は残念でしたが、仕方ないね・・・(‘ω’`)
      野球の質に関しては当然(‘ω’`)!
      MLBは世界最高峰のリーグですし
      ワールドシリーズはその各リーグの最強チーム代表です(‘ω’`)!!
      正真正銘の世界一なわけですなぁ(*´ω`*)!

      長い試合でしたが面白い場面もやっぱり多々あり、見てよかったと思います(‘ω’`)!