ウサギが何も食べなくなった時は自分の為に全力で救う努力をするんだ。

雑記
スポンサーリンク

 

 

2018年、5月25日(金)

 

その日、私は紆余曲折ありまして。

24時間寝ずにぼちぼちと作業をしていました。

 

 

 

 

2018年、5月26日(土)

 

前日の睡眠不足と疲れもあり、早朝06時に睡眠を取り

14時まで私は寝ていました。

 

そして同日18時、我が家の愛兎「あんこ」ちゃんの異変を母から知らされます。

 

「なんかぐったりしてて、何も食べなくなった。」

 

とのこと・・・。

 

見てみると確かにぐったりしています。

ご飯の量も減っていないとのこと。

しかし朝はご飯を食べていたそうです。

 

 

「あんこ(‘ω’`)?」

 

「ほら、おかし(‘ω’`)」

 

 

そういって大好きなお菓子を口元に持っていっても食べません。

それどころかです!

 

私が現れたのにいつものように飛びついてこないんです。

 

 

「これはまずい・・・(‘ω’`)」

 

 

その日は土曜日、既に掛かりつけの動物病院は閉まっています。

そして次の日は日曜日・・・。

かかりつけの病院はお休みで、他の病院もお休みです。

 

 

これは非常にマズいです・・・(‘ω’`)

 

 

詳しい説明は省きますが。

うさぎは24時間以上何も食べないと肝臓系の病気になります。

常時何か食ってるような生き物なのです。

犬猫だと2,3日は最悪水だけでも生きられますが

うさぎは無理です。

よって食べなくなるということは緊急事態であり

早急に対応すべき事態だということです・・・。

 

しかし明後日の朝まで動物病院は開いていません。

 

この時点で若干嫌な汗が出てきます。

 

 

母も心配していますし、私だって心配どころか不安です。

 

 

はっきりいって食べたくないから食べないという動物ではないのです。

食べないというのは何かしらの理由があるのです。

 

 

ただ、それが何かは非常に突き止めるのが難しいのです・・・。

 

 

単なるストレスというケースだってあります。

最近は気温の変化も凄いですしね。

 

 

ただ、食べないと決めたウサギは断固たる決意を持って食べません。

 

 

なのでこちらも断固たる決意を持って救うという意思を固めましょう(‘ω’`)

 

ウサギのためじゃねぇ・・・(‘ω’`)

自分の為にやるんです(‘ω’`)

今、全力で何かをしておけば、仮に最悪の結末を迎えたとしても!

全力で手を尽くしたという事実は自分の慰めにはなります。

 

 

「いくぞあんこ・・・、必ずお前を救ってみせる(‘ω’`)」

 

それに対してあんこはもうええんや、ワイは死ぬんや・・・。

みたいな悲壮感漂う姿でポツンとしていますが、ダメですよ。

 

さて、まずは体温を確認しましょう。

耳の内側を触ります。

若干冷たい感じはしますが許容範囲内でしょうか。

この時冷たければコタツにでも突っ込めば元気になったりしますし

暑ければ、エアコンと何か冷たいもの。

例えばガラスの皿とか金属のプレートとか

氷の様な冷たさではなく、熱を逃がしてくれるような冷たいものを活用しましょう。

 

しかしあんこはこの点は大丈夫でしたので

次は背中の皮をめいっぱい引っ張ります。

ここでいつもより皮が硬ければ脱水症状の症状がありですが・・・。

いつもより元気がないせいでだるだるです。

ここも問題なし。

 

となると歯の伸びすぎ・・・?

しかし口を剥いて見て見ても、指を突っ込んでみてもそんな気配は無し。

 

ならばと、手足の付け根や股関節。

普段触らないところに腫瘍がないか、痛がる素振りが無いかを調べます。

しかし、これも全く問題なし。

 

お腹をぐーっとおして胃の中をさぐってみても食べ物が入っている感じはありません。

よって変なものを食べた可能性もなし・・・。

 

 

 

獣医さんでも突き止めるのが難しい症状とも言われる

ウサギの何も食べなくなる現象ですが

オーソドックスなこの辺が当てはまらないとすると・・・。

毛球症、膀胱炎、子宮系の病気・・・。

などなどあまり良くないほうに考えがいってしまいます・・・。

 

 

なんにせよです。

 

食べなければマズいです。

 

本当は獣医さんの判断あってからの話になるのですが・・・。

 

 

 

 

やるしかねぇ・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

新品未開封の医療用シリンジを開けます(‘ω’`)

 

 

そしてすり鉢で粉々にしたペレットを水で溶かして練ります。

 

 

それを大きいシリンジにいれ、小さいシリンジに注入します。

 

 

 

 

 

さぁ、あんこ・・・。

 

強制給餌の時間だ・・・。

 

 

 

 

 

大丈夫です(‘ω’`)

私は強制給餌上手ですから痛くないです・・・。

あんこよ、お前の為なんだ・・・と。

暴れまわるあんこを捕まえ

口の側面からシリンジを入れ、テコの原理で真っ直ぐ正面に動かします。

そうすると口が開くので、そのまま真っ直ぐシリンジをおくまで入れ

奥まで当たった所で側面に出すようにしてゆっくりと餌を押し出します。

 

 

 

そうするとあんこは必死に溺れないようにくちゃくちゃと食べますので

次から次へと流し込みます。

 

 

 

 

ゼロ「食べなきゃ死ぬ!食え!!!」

 

 

あんこ「殺す気か」

 

 

 

傍からみればそう見えますが

違うんや、生かす為に最大限の努力なんや・・・(‘ω’`)

 

 

 

2018年、5月27日(日)

 

時刻は0時。

もう寝る時間ですが、何とかしてあんこを復活させねばなりません。

というわけで私は徹夜を決めました。

夜間付きっ切りで何度も食事を自力で食べないかとトライしていると

パパイヤゼリー2切れと牧草を3本食べてくれました。

 

そうして、その朝になるまでの間で何度もトイレにいきふんばる姿も目撃。

 

これは1つ大きなヒントになります。

ですので、しっかり覚えておいて獣医さんに伝えるべくメモをしておきます。

 

 

 

 

そして同日朝09時・・・(‘ω’`)

 

 

あんこが自力でエサを食べ始めました(‘ω’`)

 

 

 

 

これでとりあえずは一安心・・・。

明日の病院までは大丈夫と安心したところで私は寝落ち。

 

 

 

 

2018年、05月28日(月)

 

そうして、動物病院が開く日がやってきました!

私は行けなかったので、私が書いたメモを渡して母に連れて行ってもらいました。

そのメモは無事先生の手に渡り、触診の結果!

 

「すこーし、お腹に毛が溜まっているね」

 

とのことでした(‘ω’`)

毛球症一歩手前という感じなのでしょうか(‘ω’`)

そして、結果的には強制給餌は大正解だったそうで

先生も良くやった!と言っていたそうです。

動物病院が開いていればしっかり判断を仰いだ方がいいんですけどね。

 

「うさぎさんはねー、食べないと体内で毒素発生するからねぇ」

 

「それにこの子は毛が長いからねー(笑)」

 

そして、今日は。

お腹に溜まった毛を処理する為の点滴と

シソ?や青汁?が配合されている飲み物を流し込まれて帰ってきたそうです。

そして、明日も来てくださいねとのことです(‘ω’`)

 

無事回復に向かい。

食欲もほぼ元に戻って一安心でした(‘ω’`)

 

 

 

心配かけてすまんな、といわんばかりにモリモリ食べますが・・・。

 

 

私にも思い当たる節があるわけです・・・。

 

以前書いたこちらの記事。

肥満うさぎは可愛いけど健康に良くないから痩せろ( ˘ω˘)
はい('ω'`)! 暑くなったり寒くなったり・・・('ω'`) 最近の気候はどうなっとるんだね・・・。 我が家のうさぎさんのあんこちゃんも 寒い日は絨毯の上、暑い日はひんやり大理石の上...

 

 

そうですね、数日前にペレット変えたんですよね・・・。

そして調べてみると太りにくいペレットには毛玉除去成分が見られなかったんですね・・・。

以前から食べていたペレットには入っていたんですが・・・。

これはやってしまったか・・・と思いながら・・・。

以前のご飯を割合100%に戻し

もうデブでもいいや。と思う反面、でもそれだと健康もなぁという葛藤もあり。

しっかりブラッシングすれば・・・。

いやでもしてるし・・・。

など等諸々考えた結果・・・。

 

 

 

こういうのを買ってきました(‘ω’`)

 

 

ほら、デブ。

食いながら毛玉ケアだよ・・・。

 

そういいながら私はこのおやつを与えますが・・・。

 

 

 

このデブは一口も食べません。

 

 

 

 

 

本当にかわいいやつです。

 

 

元気になるや、否や私に飛びついてきて本当に私も安心しました。

最後になりますが、ウサギが何も食べなくなるのは

早急に対処が必要な事態ですので、様子を見るのではなく

動物病院へ連れて行ってあげてください。

3時間が命を左右するかもしれないのです。

 

 

というわけで、土日はあんこに振り回された私です!

 

 

お蔭様でコイツ↑も買っただけでプレイしてません!

 

 

 

 

面白かったらブログに書こう!と思ったんですけど

乗り遅れちゃったね(‘ω’`)

 

でもいいんだ(‘ω’`)

あんこが元気ならば(‘ω’`)

 

というわけで今日のところはこの辺で(‘ω’`)!

ではでは(‘ω’`)!

コメント

  1. 最低野郎 より:

    はぁぁ…(*´ω`*)
    とりあえず一安心というところで本当に良かったです(*´ω`*)
    ペットを喪う辛さはこの世のもんじゃないですからね…
    それもどうにかできる余地があったとしたらなおさら…(´・ω・`)
    ちゃんと知識のある人に飼われてあんこは幸せやなぁ(´;ω;`)

    • ゼロ より:

      >>最低野郎さん

      本当に良かったです(‘ω’`)
      強制給餌は本当に悩みましたが、やっていなければ大事になっていたかもしれないといわれたそうですし
      本当にやってよかったと思います(‘ω’`)

      過去に私も迷いがあって、遅れが生じて失った命もありますからね・・・(‘ω’`)
      本当にペットを飼うのは難しいですね(‘ω’`)
      ただ、力にもなりますな(‘ω’`)

  2. 名無し より:

    良くやった!(‘ω’`)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん
      ありがとうございます(‘ω’`)
      短いですが力強い言葉ですよね(‘ω’`)!

  3. 名無し より:

    良かったですな

  4. 名無し より:

    小学校の飼育小屋ぐらいでしかウサギと触れ合うこともなかったけど、ペットとして飼うの大変なんやなぁと。暑がりなのでペット主体の室温にできないから何も飼ってないですが、やっぱかわええね。快復してなによりです(‘ω’`)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      結局どこまでやるかって話ですよね(‘ω’`)!
      犬猫ウサギ、もっと言えば昆虫だって大切に思っていれば大変なものですな(‘ω’`)
      犬猫でも悲しいニュースもあったりしますし
      自分の手の届く範囲は全力でやりたいですね(‘ω’`)

  5. 名無し より:

    眠気に耐え
    ゲームやりたい欲求に耐え
    性欲に耐え
    よくやった!
    感動した(;つД`)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん
      ありがとうございます(‘ω’`)!
      まさか私も性欲にまで耐えられるとは・・・っておい(糞みたいなノリツッコミ)

      何よりも本当によかったです(*´ω`*)

  6. 名無し より:

    こういうことがあるから自分はペットを飼わない
    昔お袋が飼ってたハムスターを虐められてた捌け口に虐めてたせいで…
    自分には死ぬまでペットを飼う資格がないと自覚して生きています

    • ゼロ より:

      >>名無しさん

      私はいじめられた経験が無いのでその気持ちは分かりませんな・・・(‘ω’`)
      ただ、そのハムちゃんのおかげで幼いながらに良くない事ということを
      1つ学びましたな(‘ω’`)

  7. 五月病 より:

    僕も最近食欲ないんでゼロさん世話して下さい

    • ゼロ より:

      >>五月病さん

      名前から察するに精神的に食欲が無いという感じですかな(‘ω’`)
      最近は気候の変化も激しいですし、湿気もありますからね(‘ω’`)
      加えて人によっては始まった新生活に嫌気が差す時期でもありますしね(‘ω’`)

      しかし食べなければ回復する体力も落ちて行き食欲もなくなります(‘ω’`)
      無理にでもある程度は食べなければいけませんが
      かといって食事をストレスにするのもよくありません(‘ω’`)
      まずは栄養バランスなどは無視をして口当たりの良いものから初めてはどうでしょう(‘ω’`)
      時期がすぎれば食欲も出るかもしれません(‘ω’`)!