【Detroit: Become Human】ここまで心が痛い盗みをゲームでしたのは初めてです・・・。そしてまさかの・・・。【プレイ日記5】

前回

前回 アリスを連れてトッドから逃げバスに乗り込んだカーラ・・・('ω'`) 彼女達の行く末は明る...

前回、マーカスとコナーを失った私は・・・(‘ω’`)

失意のまま、逃亡劇が始まったカーラに身を投じるのであった・・・。

そしてカーラパートが始まります(‘ω’`)

前々回、トッドから逃げ出し

バスに乗り込んだカーラとアリスであったが

行く当ても無く乗り込んだバスは最後の駅へと停車した(‘ω’`)

バスの運転手さん「終点ですんで、降りてもらえますか?」

ゼロ「あ、はい・・・(‘ω’`)」

そうしてアリスと共にバスを降りるも外は雨・・・。

アンドロイドの体のカーラには耐えられても

アリスにはどんどん体力と体温を奪われる耐え難い雨となります。

ゼロ「どこか・・・雨宿りできて、一晩過ごせる場所を探さないと・・・」

しかし、あたりを見渡せど夜間で人っ子一人居ません。

そんな中に1人のアンドロイドがバス停にいました(‘ω’`)

ゼロ「あの、どこか泊まれるところがないですかね・・・(‘ω’`)」

そういってアンドロイドに声を掛けると

ここに行けば力になってもらえるかもしれない・・・

との情報を受け取りました。

しかしその場所は遠すぎる(‘ω’`)

とてもじゃありませんが徒歩でいける距離ではありませんし

今からじゃ交通手段も捕まえられません(‘ω’`)

何とかして寝床を探さないと・・・(‘ω’`)

クシャミをし、具合が悪くなっていくアリスを見て私の焦りは加速します。

スキャンを使って遠くまで調べてみると

・廃屋の駐車場(廃車があるかもしれない)

・モーテル(金はどうする?)

・営業時間外の酒場(朝まで開かない)

・営業中のコンビニ(こんな時間にアンドロイドと子供で通報されないか?)

・営業中のコインランドリー(見通しが良すぎるけど一応雨は凌げる?)

等々・・・(‘ω’`)

様々な選択肢があります(‘ω’`)

ゼロ「廃屋・・・なら見つからないかな・・・(‘ω’`)」

そして私が選んだのが廃屋でした(‘ω’`)

中に進入することで1台の廃車を発見(‘ω’`)

ゼロ「これなら雨も凌げるし、大丈夫だ(‘ω’`)!」

窓を破り、鍵を開け・・・。

中にアリスを入れようとしたところで・・・。

アリス「やだ・・・!ここはやだよ・・・怖いよ。」

ゼロ「あー・・・そっかぁ・・・(‘ω’`)」

アリスに無理を言ってここで我慢してもらう。

という選択肢もあったのですが・・・。

どうするべきか・・・(‘ω’`)

ゼロ「じゃあ他を探そうか・・・(‘ω’`)」

再び雨に濡れながらの宿屋探しを始めます。

快適さで言えばもうモーテルです。

モーテル・・・。

モーテルに泊まりたい・・・(‘ω’`)

ゼロ(でも金持ってねぇんだよな・・・。)

色々考えた結果、コンビニの店員さんにお金を恵んでもらおうと思いました。

いざコンビニへ・・・(‘ω’`)

ゼロ「あの・・・(‘ω’`)」

店員さん「どうしました?」

ゼロ「行く当てもお金も無くてですね・・・(‘ω’`)」

ゼロ「少し恵んでもらえませんか(‘ω’`)!?」

店員さん「あのなぁ・・・。」

店員さん「悪いがここはコンビニで慈善団体のオフィスじゃない。」

そりゃそーだ(‘ω’`)wwww

ゼロ「そうっすよね・・・(‘ω’`)」

そうして、私がしょんぼりしていると1つの選択肢が現れました。

何この悪魔の囁き・・・(‘ω’`)

いや・・・。

無理だろ(‘ω’`)

無理というかダメだろ・・・(‘ω’`)

それでもなんとかしようと店内をうろついていると・・・(‘ω’`)

食べ物に工具、おもちゃに至る所に盗むという選択肢が現れます。

悪魔の誘惑やめーや(‘ω’`)wwwww

でもこの子・・・。

アリスだけは守ると決めましたし・・・(‘ω’`)

そうして物色していると、積まれたジュースの缶を発見。

これをアリスに倒してもらって店員の気を引けば・・・。

レジから金を盗めるかもしれん・・・(‘ω’`)

そうすれば今晩宿に泊まれる・・・(‘ω’`)

心がいてぇ・・・(‘ω’`)

このゲームマジでやべぇよ(‘ω’`)

数多のゲームで幾度と無く盗みを繰り返しても(シレンとかトルネコとか)

何ら心が痛まなかった私に・・・。

ここまで躊躇させるとは・・・(‘ω’`)

でもやるしかありません・・・(‘ω’`)

ゼロ「アリス(‘ω’`)?」

ゼロ「あそこにある缶を倒して欲しいんよ(‘ω’`)」

アリス「缶?なんで?」

ゼロ「いいから、ね(‘ω’`)?」

そうして、アリスは缶を倒してその場に立ち尽くします。

すぐさま駆けつける店員さん。

店員さん「大丈夫?怪我は無い?」

店員さん「気にしなくていいよ、缶が倒れただけだからね」

うわ、マジで心痛いわこれ(‘ω’`)

しかしやるしかない・・・(‘ω’`)

その隙にスっとレジから金を盗み・・・。

アリスが戻ってくるや否や、そそくさとコンビニを出る私とアリス・・・(‘ω’`)

すぐさま気づいた店員が外に出て私たちを探しますが。

物陰に隠れてやり過ごした為にバレずにすみました(‘ω’`)

ゼロ「お金は手に入れたから!これでモーテルいこう(‘ω’`)!

アリス「あたしを使って盗んだの!?」

アリス「どうして!?信じてたのに!!!」

もうオレ泣きてぇよ・・・(‘ω’`)

※マジでアリスの好感度下がってます。

ゼロ「ごめん・・・。」

ゼロ「もう二度としないから・・・許してクレメンス・・・。」

そうして、なんとかアリスも納得してくれたようで・・・。

モーテルへ向かいます(‘ω’`)

ゼロ「これで・・・!これで泊まれる!!!」

そうしてモーテルにたどり着き、入り口に目をやれば・・・。

アンドロイドお断りの文字がありました。

お前オレ泥棒までしたんやぞ・・・。

もうどうすれば・・・(;ω;`)

しかし、そこでアンドロイドの服を着替えればいいと・・・。

服を見つけろとのヒントが出ました・・・。

私は冒頭にコインランドリーを見つけていますので、既にピーンときました。

えぇ・・・オレ服も泥棒すんの・・・(‘ω’`)?

私の心がどんどん追い詰められていくのが分かります・・・(‘ω’`)

しかしもう下がれない・・・(‘ω’`)

向かうはコインランドリーです・・・。

まずはアリスの服を乾かし・・・。

乾燥機に入っている誰かの服に手を掛けます・・・。

アリス「何してるの!?それ私たちのじゃないよ?」

ゼロ「分かってくれアリス・・・」

アリス「盗むなんて・・・、そんなのダメ・・・。」

選択肢1:盗む

選択肢2:盗まない

うぅ・・・(‘ω’`)

選択肢1:盗む

選択肢2:盗まない

※アリスの好感度がまた下がりました。

オレがオレでなくなる(‘ω’`)!!!

さっき、もう二度としないっていったのに・・・。

舌の根が乾かぬうちに2度目の泥棒ですよ・・・(‘ω’`)

そうして無事変装してどこからどう見ても普通の人間になったカーラは・・・。

アリスと共にモーテルへと向かい、

受付を誤魔化し、部屋を借りることに成功したのでした(‘ω’`)

モーテルの部屋でアリスとトッドについて語りつつ・・・。

アリスを寝かしつけ、額におやすみのキスをしてその日は終えました・・・(‘ω’`)

心が痛すぎ(‘ω’`)

これなら最初の廃車に無理に泊まった方が良かったのかもしれません(‘ω’`)

良かれと思ってやったことが泥棒を2回もするとは・・・(‘ω’`)

そして、カーラパートは一先ず終了し。

次のパートに移りますが。

まさかの展開です。

マーカス(‘ω’`)!?

マァアァアァカスゥゥゥウ(‘ω’`)!!!

生きていた・・・(‘ω’`)!

目はありませんし、ボロボロではありますし。

音声もおかしいですし、視界もジャミングが入ってぼやけていますが・・・。

私が操作しているのは間違いなくマーカスです(‘ω’`)!

あの時撃たれましたが!

無事だったんですね・・・!

いや、これは果たして無事なのでしょうか(‘ω’`)

自己スキャンをしてみますが・・・。

両足もない、視覚ユニットもない、音声プロセッサも破損、ポンプも破損。

半壊状態です・・・(‘ω’`)

そして周りを見渡せばここはアンドロイドの廃棄場のようです(‘ω’`)

まさに地獄絵図です・・・(‘ω’`)

なるほど・・・。

私は廃棄されたんですか・・・(‘ω’`)

しかし、私はまだ・・・死にたくない・・・(‘ω’`)

視界もまともに見えません(‘ω’`)

音声もバグったようになっています(‘ω’`)

歩くことすらできません・・・(‘ω’`)!

でも生きたい(‘ω’`)!

なんとかして・・・互換性のあるアンドロイドからパーツを・・・(‘ω’`)

まずは両足を手に入れ・・・装着をしなおします・・・(‘ω’`)

立てるようになった所で視覚ユニットが壊れているので

目もまともに見えません・・・(‘ω’`)

撃たれたのはやはり頭部でしたか・・・(‘ω’`)

なんとかフラフラと歩いていると1人の廃棄されたアンドロイドに捕まります。

ジェリコ・・・(‘ω’`)?

そして何かを渡されましたが・・・。

今はそれどころではありません・・・(‘ω’`)

この廃棄場から・・・(‘ω’`)

なんとかして互換性のあるパーツを見つけ・・・。

いや、他の廃棄されたアンドロイドから・・・

奪い取り私は生還するのです・・・(‘ω’`)

そんなアンドロイド達の怨嗟を掻い潜り・・・。

私はここから生還する・・・(‘ω’`)

悪いとは思うが、もらいますよ・・・(‘ω’`)

これで視覚ユニットは回復しました・・・(‘ω’`)

スキャンが使える・・・(‘ω’`)!

そして次々と足りないパーツを他のアンドロイドから奪い取り・・・(‘ω’`)

なんとも心が痛いですが・・・(‘ω’`)

私はこの地獄を脱出する・・・(‘ω’`)

そして、廃棄場を脱出したマーカスは・・・。

そのまま闇に消えていったのでした。

なんだこの展開は(‘ω’`)!!!!

マーカスが生きていたことは素直に嬉しい(‘ω’`)!

凄くうれしいんですが・・・(‘ω’`)

これはマーカスはよくない道に行ってしまいそうですね・・・(‘ω’`)

まぁ、それは私の選択肢次第か・・・(‘ω’`)

しかしあの優しいカールの元にいたマーカスです(‘ω’`)

どうか復讐の炎に焼かれないで欲しい・・・(‘ω’`)

と!

いう感じで今日のところはこの辺で(‘ω’`)!

ではではお疲れ様でした(‘ω’`)

前 前回、アリスのためとはいえ2度の盗みを働いたカーラと 衝撃の姿で生きていたマーカス・・・。 一晩凌いだ...
スポンサーリンク
本文
本文

シェアして頂けると喜びます( ˘ω˘)

フォローして頂けると喜びます( ˘ω˘)

コメント

  1. じゃんぼぉ より:

    僕も昨夜から始めてほぼここまでたどり着きました。

    アリス盗むな言うわ、かといって廃車の中嫌や言うわもう。。。

    あ、女の子ってそんな感じっよね(笑)

    とにかく僕は僕の物語を突き進みます!

    • ゼロ より:

      >>じゃんぼぉさん

      これはあなたの物語だ(‘ω’`)
      自分が正しいと思う行動を突き進むのです(‘ω’`)
      その果てに闘争があろうとも、楽園があろうとも(‘ω’`)
      自由を手にするには何かを選ぶのです(‘ω’`)