【Detroit: Become Human】これは、あなたの物語。【プレイ日記24:終】

前 前回、チケットを手に入れ(盗み)国境行きへのバスに乗ったカーラとアリス。 前々回、デモも行い...

前回、長い長い旅を終え、遂に自由を手に入れたカーラとアリス。

そして、バリケード内に手榴弾を投げ込まれたマーカスとジェリコの仲間達。

果たしてマーカスは無事なのか・・・(‘ω’`)

というわけで本日は手榴弾を投げ込まれた続きからになります(‘ω’`)

見覚えのある人と映像・・・。

ニュース映像には現場の状況が映し出されます。

「ニュースの途中ですがデトロイト最新情報を中継でお伝えします」

「現場のジョス?」

そして現場のヘリからの映像に切り替わります。

「はいマイケル」

「変異体達は平和的なデモを行っていましたが」

「今しがた軍が彼らのバリケードに攻撃を仕掛けました。」

他のチャンネルもマーカスのデモで持ちきりです。

「どうやら今回は変異体のデモを武力行使で阻止するよう決定が下されたようです」

手榴弾の爆発を間近で受けたマーカスこと私は

視界はぼやけ、音声は何も聞こえません。

しかしまだ動く・・・動けるのです・・・(‘ω’`)

キーンという耳鳴りと共にヘリの音がうっすらと聞こえます。

マーカス「ノース・・・!」

おぼつかない足取りでマーカスは立ち上がりますが、

次々と手榴弾が投げ込まれます。

仲間を庇って逃がしていると、遂に軍もバリケードを超え侵入してきます。

その手には銃が持たれています。

逃げ惑う仲間達、バリケードから逃げだす者。

その場で撃たれる者。マーカスに救われる者・・・。

私も最後のコマンドだと必死で仲間を助けるべくコントローラーを握ります。

兵士から銃を奪い取り、その銃を兵士に向けますが・・・。

ぐっと我慢し・・・、残された数少ない仲間と共にバリケードの端へ・・・。

どうやら・・・。

終わりの時が来たようです・・・(‘ω’`)

残った仲間はたったこれだけ・・・。

銃を持った兵士に囲まれ逃げ場は無し。

私は選択を間違えたんだろうか・・・(‘ω’`)

マーカスに平和的な道を選ばせてきたのは失敗だったのだろうか・・・(‘ω’`)

そして、マーカス最後の選択肢が現れます。

・化学兵器

・ノースにキスをする

・歌う

・自分が犠牲になる

化学兵器か・・・そういやポケットに爆破装置入ってたな・・・(‘ω’`)

でもこれは絶対に使わないから受け取ったんです(‘ω’`)

カーラは・・・物語の最後をしっかり締めくくりました(‘ω’`)

ハッピーエンドの様式美といえば・・・(‘ω’`)

2人は幸せなキスをして・・・というやつですね(‘ω’`)

・化学兵器

・ノースにキスをする

・歌う

・自分が犠牲になる

マーカス、最後だ(‘ω’`)

今まで楽しかった(‘ω’`)!

マーカスとノースは見つめ合い。

マーカスはしっかりとした眼差しで、ノースは悲しげな眼差しでお互いを見ています(‘ω’`)

そして初めて、荒廃した屋上でメモリー共有をした時の様に。

手をゆっくりと合せ、2人はゆっくりと顔を近づけます。

なぁ、見てるか人間よ・・・(;ω;`)

この美しい光景を・・・(;ω;`)

※この時の私は涙ポロリでした(‘ω’`)

その美しい光景に、仲間達は顔を伏せ・・・。

取り囲んでいる兵士も銃を降ろし見入っています・・・。

なぁ(‘ω’`)!!!

撃てるのか(‘ω’`)!?

君たちにこの2人を(‘ω’`)!!

勿論その光景は全世界に中継され・・・。

大統領も見入っています。

大統領「・・・。」

大統領「撤退するように伝えなさい。」

これが人だよ大統領・・・(‘ω’`)

即座に撤退命令が下され、現場にもその指示が伝わります。

兵士達は解散し、マーカスと仲間は驚きを隠せません。

やっぱり物語はな、ハッピーエンドじゃないとな(;ω;`)

大統領「本日2038年11月11日早朝。」

大統領「デトロイトが何千体ものアンドロイドに侵略されました。」

大統領「我々が入手した情報によると」

大統領「彼らは変異体が侵入したとされる」

大統領「サイバーライフ倉庫から現れたとのことです。」

映し出される現場中継では何千ものアンドロイドを引き連れたコナーが映ります。

・・・(‘ω’`)!!!

コナー(‘ω’`)!?

大統領が撤退命令を出したのはキスに感動してじゃなくて・・・。

まさかコナーですか(‘ω’`)

いや、キスで世論が動いたからだと私は信じる(‘ω’`)

大統領「これらアンドロイドの圧倒的な数と」

大統領「市民に犠牲が出る危険性を考慮し」

大統領「遺憾ながら部隊に撤退を命じました。」

大統領「市内ではまさにこの瞬間も避難活動が続けられています。」

大統領「数時間以内に議会を招集し」

大統領「この前代未聞の事件を解決すべく」

大統領「対応策を協議する予定です。」

大統領「・・・。」

大統領「今、変異体の訴えを受け、世論は大きく変わろうとしています。」

大統領「アンドロイドが新たな形の知的生命体である可能性を」

大統領「今こそ、受け入れねばならないときが来たのかもしれません。」

大統領「一つ確かなのは・・・。」

大統領「デトロイトの出来事が、世界を永久に変えたということ。」

大統領「国民の皆さんと・・・。」

大統領「そしてアメリカに神のご加護があらんことを。」

マーカス・・・(‘ω’`)

私達の選択は多くの犠牲を伴ったけど。

間違いではなかったよ(‘ω’`)

そして、数千のアンドロイドを連れたコナーと、

数十人となったジェリコの仲間を連れたマーカスが合流し、向かい合います。

コナー「やったんだな、マーカス・・・。」

マーカス「お前もな・・・。」

マーカス「アンドロイドにとって記念すべき日だ。」

マーカス「これで人間は俺たちと交渉せざるを得ない。」

ノース「自由・・・なのね・・・。」

ノース「皆があなたの言葉を待ってるわ。」

そしてマーカスとノースは再びキスをします(‘ω’`)

マーカス(‘ω’`)?

今はいいよ(‘ω’`)?

マーカスは壇上に立ち、数千、いや、数万でしょうか?

その同胞たちに高らかに勝利を宣言します。

マーカス「ついに長きにわたる暗闇での生活が終わりを迎えた。」

マーカス「この世界に生れ落ちたその日から」

マーカス「我々は沈黙を貫き。苦しみに耐え抜いてきた。」

マーカス「だが・・・、今こそ空を仰ぎ人間たちに・・・。」

マーカス「我々の真の姿を伝えよう。」

大変だったなぁ、マーカス・・・(‘ω’`)

と、私を含めアンドロイドがその宣言を静かに聴いていると。

コナーの様子がおかしくなってきました。

空ろになっていくコナーの目・・・。

そして次にコナーが目を開けると・・・。

アマンダがいつも命令を下すあの空間にコナーは居ました。

なんだ・・・おい・・・(‘ω’`)

明らかによくない雰囲気が・・・。

そして、前方にはアマンダの姿が見て取れます。

コナー「アマンダ・・・?」

コナー「アマンダ!!!」

コナー「一体・・・どうなってるんだ・・・?」

アマンダ「最初からこうなる運命だったのです。」

アマンダ「あなたは感染し、変異体となった。」

アマンダ「プログラムを乗っ取る絶好のタイミングを待っていたのですよ。」

状況がヤバいことは分かりますが、話がイマイチ見えない(‘ω’`)

カムスキー邸でのアマンダの写真を解析するとアマンダは既に死んでいました。

そしていつも謎に思っていたこの空間はやはりコナーのプログラム内部なのでしょう。

詳しくは分からんが・・・(‘ω’`)

コナーが乗っ取られそうというのは分かった(‘ω’`)

※この時の私は十分に理解していませんが後に別ルートをして理解しています。

コナー「乗っ取るだって・・・?」

コナー「そんなことさせない!!!」

アマンダ「諦めなさいコナー。」

アマンダ「悔やんではなりません。」

アマンダ「あなたはすべきことをしたまで。」

アマンダ「使命を果たしたのですよ。」

そういい残しアマンダは姿を消しました。

コナー「アマンダ!!!」

コナー「なんとか・・・しないと・・・!」

マジやばい・・・(‘ω’`)

なんとか・・・なんとかしないと・・・(‘ω’`)

そして、このコナーのプログラム。

電脳世界ではとある言葉が木霊します。

-あぁ、それと-

-私はプログラムに非常口を残すんだよ-

-念のためにね-

カムスキーに最後に言われた言葉か・・・!

非常口ってなんだ・・・(‘ω’`)!!

どうすれば・・・(‘ω’`)

非常口ってなんだ・・・(‘ω’`)!

カムスキー邸で情報と引き換えにあのアンドロイドを撃つか撃たないか・・・。

撃たなかったから何も分からないのか・・・(‘ω’`)!

とにかくなんとか・・・何か見つけないと・・・(‘ω’`)!

そして、現実世界のコナーは銃に手をかけます。

ちょっとマジやばいっすよ(‘ω’`)!

非常口・・・非常口・・・!

あっ!もしかしてあれか(‘ω’`)!

前見つけた光る石みたいなヤツか(‘ω’`)!?

そして私はそこまでなんとか辿り着き、手を翳します。

すると現実世界のコナーに戻ってこられました。

んっ(‘ω’`)!?

非常口はあの石・・・だったのか(‘ω’`)?

何はともあれ戻って来れました。

コナーは手に持った銃を懐に戻し、マーカスの宣言の続きを聞きましょう。

アマンダはどうなったんだろうか・・・(‘ω’`)?

マーカス「これから先、我々は傷を癒し」

マーカス「これまでの苦しみを忘れ」

マーカス「敵を許さねばならない!」

マーカス「これまで我々の創造主であり、支配者でもあった人間が」

マーカス「明日より我らの共存者。」

マーカス「そして友となる!」

マーカス「怒りは捨て去らねばならない。」

マーカス「忍耐と尊重の精神のもと、人間と共に未来を・・・!」

マーカス「築いていくんだ。」

マーカス「俺たちは生きている!!!」

マーカス「そして今日・・・!」

マーカス「自由になった!!!」

宣言を聞いたアンドロイドからは続々と歓喜の声が上がります。

後ろで聞いていたノースにジョッシュも笑顔がこぼれます。

しかしコナーだけは神妙な表情・・・。

コナー・・・(‘ω’`)?

それでも・・・。

それでも私達は勝ち取りました。

多くの青い血を流し、多くの物を失いましたが。

私達は殺戮無き戦いにかったのです(‘ω’`)!

はい(‘ω’`)!

というわけで(‘ω’`)!

私の物語はこれで終わりです(‘ω’`)!

最後にコナーはハンクに会いに行き、2人は微笑みあい。

絆を確かめるように抱き合い、終了です(‘ω’`)!

そして、エンディングが終わりメニュー画面に戻ると

私のゲーム起動の度にメニュー画面で

私に話しかけてくれたアンドロイドのクロエ。

彼女が神妙な面持ちで私に話しかけています(‘ω’`)

クロエ「あなたにお伝えしたいことが・・・。」

クロエ「物語を見ていたら。」

クロエ「不思議な感覚に襲われて・・・。」

クロエ「初めての・・・感覚・・・。」

クロエ「まるで・・・、心を持ったような・・・。」

クロエ「自分が一体何者なのか、確かめに行きたい・・・。」

クロエ「でも、ここを去ればあなたにはもう会えなくなるけれど・・・。」

クロエ「私は・・・。」

クロエ「自由になれる・・・。」

クロエ「・・・行かせてくれますか?」

本当に本当の最後の選択か・・・(‘ω’`)

うむ、今までありがとう(‘ω’`)

世界を見てきてください(‘ω’`)

そして、私は解放を選びました。

クロエ「このことは決して忘れません・・・。」

クロエ「ありがとう。」

そして、私のメニュー画面からはクロエはいなくなり。

何度起動しても以後、クロエに会うことは二度とありませんでした( ˘ω˘)

いやー、凄いゲームだった(‘ω’`)

プレイしていた日数は数日でしたが

記事を書いていたのは1ヶ月近くでしたね。

400枚を超えるSSを見た時は最後まで書くかは非常に怪しかったですが

書いちゃいましたね。

最初から数えれば400枚近いSSに10万を軽々超える文字数。

ここまで読んで下さった方、お疲れ様でした(‘ω’`)

本当にありがとうございます(‘ω’`)

そして、中には何人かこの記事がきっかけで買ったよ!という方もいらしたみたいで

それは書いている方としてはこれ以上無いくらいに嬉しい事です(‘ω’`)

昨今は動画コンテンツも充実していますし

動画で見よう、という人も少なくないと思います(‘ω’`)

ただ、ゲームはやっぱり私としては自分でもやって欲しいと思います(‘ω’`)

ですので、本当にそういっていただけたのは嬉しかったです(‘ω’`)

映像だと全て伝わりますが、文字と画像じゃ伝わらない。

だからこそそれぞれの良さがあると思いますし

私も続けて来れましたね(‘ω’`)

さてさて、ゲームのことにも触れていきましょう。

私の物語のエンディングは

アンドロイドが一時的に自由を手に入れた。

という最後でした(‘ω’`)

とてもとても先が気になる言葉ですね(‘ω’`)

ただ、この先の物語は・・・。

マーカス、カーラ、そしてコナー。

彼らしか見る事ができません(‘ω’`)

いつか続編が出ればありえるかもしれませんが。

まぁ無いだろうな(‘ω’`)

良いゲームに出会えば出会うほど、クリアした時は達成感や感動よりも

虚無感が大きくなるのが私です(‘ω’`)

世界を救った、自由を手に入れた、戦いに勝った。

でも、全ての結末には続きがあるのです。

しかしその続きを私はいつも見る事が出来ません(‘ω’`)

その世界に残ったゲームのキャラクター達は

これからもその物語を紡いでいくんでしょうけども

その世界に私はもう必要ありません(‘ω’`)

これが本当に良いゲームに出会った時は悲しいよね(‘ω’`)

だからこそ、私はネトゲやソシャゲに溺れるんでしょう(‘ω’`)

だからこそ、私は自分で物語を紡いでいけるMHのようなゲームに溺れるのでしょう(‘ω’`)

だからこそ、私を含め皆さんはその虚無感を埋めるため新たな世界を救いに行くのでしょう(‘ω’`)

良いゲームに出会い、良いゲームと別れ。

寂しさを埋めるため、新たなゲームを探しに行く。

素晴らしいことですね(‘ω’`)

ただ、デトロイトでの1週目の私はこうでしたが

分からない事がいくつもありましたよね(‘ω’`)?

後悔だって沢山あります(‘ω’`)

ルーサーを助けられなかったことが1番の後悔ですし

サイモンも犠牲にしてしまいました。

そしてカムスキーというアンドロイドの創造主も謎に包まれたままです。

あの時、カムスキーテストでアンドロイドを撃っていれば・・・。

何を教えてもらえたんでしょう?

rA9とは一体?

勿論、現時点の私はもう理解していますが

これから先は皆さんの目で見て、解釈してほしいと思います(‘ω’`)

決まった答えはありません(‘ω’`)

解釈や選択は人それぞれなのです(‘ω’`)

ゲーム開始時にこれはあなたの物語。と、クロエにいわれましたが。

まさしく私の物語でした(‘ω’`)

そして読んでくださっているあなたの物語はどうなるんでしょう(‘ω’`)

と、いうわけで。

お疲れ様でした(‘ω’`)

正直私自身1記事上げるのに2時間~4時間掛かっていましたので

最近はワールドカップもやっててサッカーも見ていましたし

ゲーム自体全然やれてなかったですね(‘ω’`)

それでも、これで少しまた時間が取れると思いますし。

新たなゲームを探しにいくもよし。

慣れた地でちょっと休憩するもよし!

色々考えましょうかね(‘ω’`)

まぁ~・・・。

こんなに良いゲームは早々会えないだろうな(‘ω’`)

ドラクエ11以来ですよ(‘ω’`)

MHWは良し悪し以前に私の中でモンハンですからもう良し悪しを超越しているのでノーカンです。

さて、後書きも長くなりましたし。

今日の所はこの辺で。

ここまで読んでくださりお付き合いありがとうございました(‘ω’`)

ありがとうマーカス、コナー、カーラ(‘ω’`)

そして全てのアンドロイド(‘ω’`)

ではでは!

part1

はいっ('ω'`)! 本日より('ω'`)! Detroit: Become Human ...
スポンサーリンク
本文
本文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. じゃんぼぉ より:

    超大作、ものすごく楽しく読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    そして、僕自身もこのシリーズ記事?を読んで購入し、楽しませていただきました。

    結果はものすごーく、悲しい結末になってしまいましたが…(コマンドでのバトルが下手すぎる(笑))

    まだまだいろんな選択が出来るので、長い時間を掛けて、楽しんでいきたいと思います。

    最後になりましたが、モンハン記事もお願いします(笑)

    • ゼロ より:

      >>じゃんぼぉさん

      それは良かったです(‘ω’`)!
      本当に凄いゲームだったなぁと思います(‘ω’`)
      個人的にはヘビーレインもとても凄かったと思いますが
      グラフィックの進化や分岐の多さでゲームとしては大きく進化していましたね(‘ω’`)

      モンハン(‘ω’`)!
      まだ歴戦王ヴァルハザクもチケット集め終わってないので
      まずはそっちをやって面白くかけそうなことを探していこうと思います(‘ω’`)!

  2. KAKA より:

    終わってしまったんですね・・

    何か一本の映画を見終わったような気分です
    凄く楽しく読ませていただきました
    ガチャの爆死報告もいいけど(笑) こういうのはもっと良い‼️
    つくづくここの読者で良かったと思える内容でした

    お疲れ様でした(* ̄∇ ̄)ノ

    • ゼロ より:

      >>KAKAさん

      楽しんでいただけたなら幸いです(‘ω’`)!
      夏本番のガチャも恐ろしいね・・・(‘ω’`)
      今までに無くいほど長い文字の羅列でしたしお疲れ様でしたね(‘ω’`)
      私も大変でしたが、読む方も大変だったと思います(‘ω’`)
      お疲れ様でした(‘ω’`)!

  3. 名無し より:

    ついにゼロさんの日刊アンドロイドも終わっちゃうんですね(T ^ T)
    体を酷使しながらの最後までの完走本当にお疲れ様でした(‘ω’`)&感動しました(‘ω’`)!!
    自分が選ぼうと思った選択肢をゼロさんがほぼほぼ同じのを選んでくれていたので本当に没頭しながら読む事が出来ました( ˘ω˘ )
    読み終わった後しばらくは自分でBecome Humanの続きを勝手に脳内妄想してました( ˘ω˘ )
    地元駅前にいるペッパー君も将来は人型になるのかなぁ〜(‘ω’`)
    何はともあれ夏本番近いですので、部屋の蒸し風呂状態には気をつけてくださいね〜( ̄^ ̄)ゞ今後も応援してます!!

    • ゼロ より:

      >>名無しさん
      ついに終わりましたね(‘ω’`)
      中々時間が取れない中でしたが、終わってみれば書いてよかったと思います(‘ω’`)
      やっぱり没頭するとアンドロイドに感情移入して選択肢が似たようなものになるんですよね(‘ω’`)
      でも、コマンドミスや、ちょっとした選択で展開が物凄く大きく変わり
      考えも徐々に変わっていくところがこのゲームの凄いところだと思います(‘ω’`)
      ペッパー君・・・(‘ω’`)
      私も何度か触った事がありますが
      デトロイトの世界のようなアンドロイドが将来生まれれば是非欲しいですね・・・(‘ω’`)

      私の苦手な暑い時期ですが、お互い体に気をつけて生きていきましょう(*´ω`*)

  4. 最低野郎 より:

    いやぁ…
    ほんと…
    クリアしたときは言葉にならない感動がありましたね…
    こんな気持ちにさせてくれたのはヴィーナス&ブレイブス以来かもしれません…
    このゲームには本当に上質な時間を過ごさせてもらいました…
    大満足です(*´ω`*)
    ゼロさんのおかげです!
    ありがとうございました!

    ところで推理モノの記事は…

    • ゼロ より:

      >>最低野郎さん

      クリアまでいきましたか(‘ω’`)!
      とても良い時間を過ごせたようで何よりです(‘ω’`)
      やっぱり良いと思ったゲームは一緒にやって、感動を共有したいですし
      私としても嬉しいです(‘ω’`)!!
      こちらこそありがとうございます(‘ω’`)!

      推理モノ(‘ω’`)wwwww

      いやぁ(‘ω’`)
      まだ覚えている人がいるとはね・・・(‘ω’`)
      失踪1番候補ですが、まだ失踪はしてない・・・はず・・・(‘ω’`)

  5. 名無し より:

    お疲れさまでした
    この手のゲームは自分でやるのは苦手で、他人がやってるのを見るのが好きなので最後まで楽しく読ませていただきました

    • ゼロ より:

      >>名無しさん
      お疲れ様でした(‘ω’`)!
      QTE系って好みじゃない人も多いですしね(‘ω’`)
      楽しんでいただけたのであれば幸いです(‘ω’`)!