【PSO2】エリュトロンドラゴン戦!ラコニウムソードは溜めるのが良さそう?

はいはい(‘ω’`)!

やってまいりましたエリュトロンドラゴン戦(‘ω’`)!

ここで慣れておいて来年のアルティメットエリュトロンドラグーンに備えるんですね!

というわけで私も早速行って来たわけよ(‘ω’`)

具体的には3度ですね(‘ω’`)

3度行きました(‘ω’`)

私の・・・出番というわけだね・・・(‘ω’`)

というムービーののちに本戦開始(‘ω’`)

もう皆さんスキップしてるでしょうし

今からの方は中々見づらいのは歯がゆいですね(‘ω’`)

さてさて、始まるとエリュトロンドラゴンの攻撃をかわしながら進みます(‘ω’`)

そうすると雑魚がぼちぼち沸くので倒します(‘ω’`)

そしてその先のジャンプカタパルトで飛びます(‘ω’`)

そこからがエリュトロンドラゴンとの戦闘ですが!

まずは足をチクチクチクチクやると(‘ω’`)

ラコニウムソードが出現するので、青い場所を殴ります(‘ω’`)

3本しか出ないので私に(‘ω’`)!

ブログネタ的に私に取らせて(‘ω’`)!

と、思いましたが(‘ω’`)

残念無念(‘ω’`)

ですので、自分に出来ることを精一杯やりましょう(‘ω’`)!

そして青い部位を破壊し、赤い部位になると普通の武器でもダメージは入るので

ガシガシ削ります(‘ω’`)

そして翼までいくと飛び出すので、メセタンシューター開始なわけよ(‘ω’`)

もうちょっとこう(‘ω’`)

いいんですけど(‘ω’`)

音がしょぼいんですよ(‘ω’`)

そこだけ(‘ω’`)!

そこだけ直して欲しいわぁ(‘ω’`)

というわけで打ち落として両方の翼を破壊すると

再び地上戦ですね(‘ω’`)

そんで動き回るエリュトロンドラゴンと戦って倒したんですが(‘ω’`)

めっちゃキツいなこれ(‘ω’`)!!!

めっちゃ動きますし、回復尽きたの久しぶりですよ(‘ω’`)

しかし、2戦目・・・(‘ω’`)

1戦目が嘘のように早くなったのです(‘ω’`)

(なんでや・・・?)

(心なしか青い部位が壊れるのがめっちゃ早かったような・・・。)

秘密はラコニウムソードにあると見た(‘ω’`)

というわけで本日、3戦目ですね(‘ω’`)!

私がラコニウムソードを遂に取れたのです(‘ω’`)!

重要な場面で(‘ω’`)!

そして、色々いじってみると・・・(‘ω’`)

あー、これ溜めると強いわ(‘ω’`)

通常攻撃だと中々割れない、PAも追尾はあるけど威力は微妙。

そう思っていましたが!

溜められますこれ(‘ω’`)!!

ラコニウムソードをもったらまずは足(‘ω’`)!

前足、後足の蒼い箇所を割って赤くします(‘ω’`)!

そしてそこを斬りたい欲望を抑えてまだ蒼い頭にいくのです(‘ω’`)!

赤くなった箇所は他のアークスに任せて(‘ω’`)!

何よりも頭の位置が高いですし、ラコニウムソードのPAじゃないとですね(‘ω’`)

ダウンして頭が降りたタイミングで頭の青い箇所を割っていたらダメージがもったいないので

先に出来れば割っておくといいと思います(‘ω’`)

そうすればですよ(‘ω’`)!

ラコニウムソードをポイして私も参加ですよ。

たったこれだけ(‘ω’`)!

これだけでだいぶ違いますね・・・(‘ω’`)

ラコニウムソードは意外とちゃんとした役割があったわけですね(‘ω’`)

10分以上変わったのは流石にPT火力もあるかもしれませんが

ラコニウムソード持ちは足、頭の順番で蒼い箇所だけやっていると

そこそこ違うんじゃないかなぁと私は思いました(‘ω’`)

まだ2日目ですし、最適かどうかはむずかしいですが(‘ω’`)

早くなったことは間違いない(‘ω’`)!

レア(‘ω’`)?

出るわけないじゃん・・・(‘ω’`)

面白さに関しては、そこを理解すると個人的には楽しかったです(‘ω’`)

1戦目は動き回るしだるいわこいつという感想だったんですが

それは初見ですし仕方ないですね(‘ω’`)

3回目からは楽しいっていうのが割りと正直な感想ですかね(‘ω’`)

ただ、マガツほどではないです。

マガツマジで面白かったわなぁ(‘ω’`)

でもマザーよりは面白い・・・ですかね(‘ω’`)

レアも仕込まれていますし

やっていけばやっていくほど面白くなりそうですし(‘ω’`)

これからもドンドン参加していこうかなと思います(‘ω’`)

S級OPに関してはまだ何がなにやら全く分かっていません(‘ω’`)

それもこれから勉強していきましょう(‘ω’`)

ではでは今日のところはこの辺で(‘ω’`)!

スポンサーリンク
本文
本文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする