謎の違和感・・・?粉瘤(ふんりゅう)を巡る1年近くの戦いに終止符を。

はい(‘ω’`)!

本日はリアルに日記ですよー(‘ω’`)

丁度1年ほど前でしょうか(‘ω’`)?

私は母に1つの相談を受けました(‘ω’`)

「鼻に違和感がある。」

とのことです(‘ω’`)

どんな感じで?と聞くと腫れてると言うのですが

私には全く分かりません(‘ω’`)

触ってみても違和感無し(‘ω’`)

痛みは(‘ω’`)?

と、聞くと

全く無いとの返答。

見た感じも触った感じも全く普通です(‘ω’`)

しかし母は確実に腫れているというのです(‘ω’`)

中に何かある感じも全くありませんが・・・。

ゼロ「うーん。」

ゼロ「なんだろ。痛くないなら思いつくのって粉瘤(ふんりゅう)位だけど。」

母「何それ?」

ゼロ「毛穴に老廃物溜まって大きくなっていくヤツだったと思う(‘ω’`)」

ゼロ「食生活とか睡眠不足でなるんじゃなかったかな。」

ゼロ「本来はちっこいの皆出来てるんだろうけど。」

ゼロ「そのまま吸収していくはず・・・だったと思う(‘ω’`)」

ゼロ「んで、そのまま吸収出来ないで大きくなると粉瘤になるんかな。」

と、いう話をしまして(‘ω’`)

そうなるとどこに行くのがいいか!という話に(‘ω’`)

結論として皮膚科に行くことにしたんですね(‘ω’`)

母は近場の、今までも私を含め何度もいった事がある皮膚科に行きました。

その時、私はあそこはやめとけ、とは言いましたが

まぁ、解決するだろうと思いそこまで止めませんでした(‘ω’`)

それから具体的な症状は特に診断されず

お薬を飲んで治していくという形になりましたが。

数ヶ月経っても治りません(‘ω’`)

それどころか母曰く大きくなってきているとのこと。

相変わらず私には見ても触っても分かりませんが。

流石に場所が場所です、母も落ち込んでいますので

早急に解決を望みたいのです(‘ω’`)

ですので、今度は私がそれなりに信頼している耳鼻科に行く事にしました(‘ω’`)

この時点で数ヶ月、病名不明(‘ω’`)

そして、その耳鼻科に掛かる時に

「粉瘤じゃないですか?」って言えと、私は母にいいました(‘ω’`)

そうして、その耳鼻科での診断を終え

またも病名は分かりませんでしたが

粉瘤ではないそうです(‘ω’`)

私はこれでいよいよもってマズいなと、思いはじめました(‘ω’`)

それから数ヶ月、その耳鼻科でお薬を貰いましたが

一向に良くなりません(‘ω’`)

流石の母も原因不明とあっては落ち込むばかりです(‘ω’`)

そればかりか、想像は悪い方へ悪い方へ行きます(‘ω’`)

そりゃそうです(‘ω’`)

と、なると・・・(‘ω’`)

ゼロ「○先生にそっち系の良い先生紹介してもらえんか(‘ω’`)?」

という、内科の先生を通じて新たな先生を探す作業に移行しました(‘ω’`)

結果的に腕の良い耳鼻科の先生を紹介されました(‘ω’`)

中々時間が取れない中で紹介状を書いてもらい

合間をぬっていざ、その耳鼻科の凄腕先生の下へ。

凄腕「うーん、ウチじゃ分かんないな。」

ゼロ「おい(‘ω’`)」

しかし、流石は凄腕。

凄腕には凄腕の繋がりがあるようです(‘ω’`)

「うちでは分からない」と言ってくれただけでもありがたいです(‘ω’`)

分からないからローラー作戦で原因を見つけ出す。

というのは医療の基本ではありますが

患者としてはいつまでも原因が分からないまま

薬を替えて飲み続けるのは不安ではありますからね’ω’`)

そしてその凄腕から紹介されたのは

形成外科の凄腕の先生でした(‘ω’`)

もう5人の先生に診てもらってるんだが(‘ω’`)?

1:近所のゴミ皮膚科

2:私がそこそこ信頼してる耳鼻科

3:信頼している内科に相談

4:信頼している内科の先生から紹介された耳鼻科

5:その耳鼻科から紹介された形成外科の先生 ←イマココ!

そして、診療日(‘ω’`)

形成外科に向かい、帰ってきた母は私に言いました(‘ω’`)

母「粉瘤だってさ。」

ゼロ「オレ最初に言うたヤツであってるやん(‘ω’`)」

母「うん。」

ただ、これで一安心です(‘ω’`)

本当に悪い物じゃなくてよかった・・・(‘ω’`)

ゼロ「で?どうなんの?切るの(‘ω’`)?」

母「うん。でも手術はビッシリ詰まってるからかなり先になるん。」

ゼロ「そっかー、でもまぁ良かった。」

ゼロ「それなら大事ないわ(‘ω’`)」

母「でもどこのお医者でも粉瘤じゃないですか?って何回も言ったのに。」

ゼロ「うーん。」

ゼロ「それに関してはそこを選んだお母さんと薦めたオレが悪いな(‘ω’`)」

母「でも何回も言ったんだよ?」

ゼロ「国からの対価報酬でやってるのがお医者様ですし(‘ω’`)」

ゼロ「漠然と医者を信頼するのは良くないよ(‘ω’`)」

ゼロ「だからこそ、我々に出来るのは医者を選ぶ事で」

ゼロ「そういう意識が広まれば、医者も互いに研鑽しあうわけで(‘ω’`)」

母「うーん。」

ゼロ「未だに医者は近所行くって風習あるやろ(‘ω’`)」

ゼロ「何はともあれ大事じゃなくてよかったよ(‘ω’`)」

と、そんな会話を行い(‘ω’`)

手術を終えたのが数週間前(‘ω’`)!

手術自体は局部麻酔でスッと終わるような手術だったようです(‘ω’`)

やっぱり初めてのメスですから母は緊張はしたようですね(‘ω’`)

そして、少しばかり縫いまして

抜糸までは10日程。

顔をぬらさない事。

汗をかいちゃダメなので運動やアルコールはダメ。

等々、抜糸までは制限がつきまして(‘ω’`)

ようするに、この時期にはキツいですよね(‘ω’`)

風呂どーすんだよ(‘ω’`)

このクッソ暑い今年の夏に汗をかかないようにだと・・・(‘ω’`)?

中々厳しいがやるしかあるまいて(‘ω’`)

折角やっとここまできたんです(‘ω’`)

こんな事で感染症にでもなったり、傷が残ったら嫌ですからね(‘ω’`)

というわけで、お風呂問題に関しては(‘ω’`)

私が洗面所で母の頭を洗うということになりました(‘ω’`)

風呂で体を洗うのは自分でも出来ますが。

シャンプーをすれば必然、傷跡が濡れてしまいます。

ですので、両手で水を弾くタオルで鼻を押さえ

私がシャンプーする(‘ω’`)

これで解決なわけです(‘ω’`)

私はシャンプー上手ですからね(‘ω’`)

この時期でもサッパリしてやんよ(‘ω’`)

そして、その生活も1週間程でしょうか(‘ω’`)?

明日、遂に抜糸(予定)です(‘ω’`)!

いやぁ、中腰ですから腰痛かったですけど(‘ω’`)

原因がわかるまで本当に長かったこの一連の症状ともこれでおさらばです(‘ω’`)

本当に良かったな(‘ω’`)

と、私と母は言いました(‘ω’`)

手術後には家族にも勿論言いましたが

この一連の流れに関しては私と母のみ(‘ω’`)

母が他の家族にも言わないとのことですので

私もずっと手術後まで黙っていたんですな(‘ω’`)

なんで、こう母親って人に心配かけないようにするんやろな(‘ω’`)

そして、本日。

母から1つのメールが届きました(‘ω’`)

感謝を形に(‘ω’`)!!??

でも!お母さん!5000円じゃ聖晶石167個買えないよ!!!

勿論私は即座にラインでありがとうと返します(‘ω’`)

これが絆だな(‘ω’`)

課金のためのポイントってのがリアルでまたいいよね(‘ω’`)

私が1番欲しがるものを良く分かっています(‘ω’`)

何はともあれ本当に良かったと思います(‘ω’`)

母は不安な時期を過ごしましたが

私としても医者選びという観点で大変勉強になりましたし

また1つ乗り越えたということを見れば

こういう経験も良かったと思えますね(‘ω’`)

というわけで今日の所はこの辺で(‘ω’`)

長くお付き合いお疲れ様でした(‘ω’`)

ではでは(‘ω’`)

スポンサーリンク
本文
本文

シェアして頂けると喜びます( ˘ω˘)

フォローして頂けると喜びます( ˘ω˘)

コメント

  1. 名無し より:

    ボンレス犬かわいい、お母様やりおる…大事なくてよかったです(‘ω’`)

    • ゼロ より:

      >>名無しさん
      あざます(‘ω’`)!
      本当に良かったです(‘ω’`)!

      ボンレス犬・・・?
      なんだと思ってぐぐってみるとラインスタンプの犬のことですね(‘ω’`)!

  2. ガチャは悪い文明 より:

    感謝が城の影に溶けていく

    • ゼロ より:

      >>ガチャは悪い文明さん

      今回・・・数多のユキチが影の城へと連れて行かれましたね(‘ω’`)