【DQR】レジェンドランクに上がるまでの修羅の道。

 

さぁ・・・(‘ω’`)

皆大好きドラゴンクエスト(‘ω’`)

以前ちょっと触れましたが

私も少しですがドラゴンクエストライバルズをやってましてね(‘ω’`)

Q,それは~・・・なんですか・・・?

A,ドラクエのカードゲームのソシャゲです(‘ω’`)

って言うわけでカードゲームである以上対人があり(‘ω’`)!

レートというかランクみたいものもあるんですな(‘ω’`)

ブロンズから始まり、シルバー、ゴールド、プラチナ(‘ω’`)

そしてレジェンドランクとなります(‘ω’`)

一個前の竜王杯ではプラチナ1までは行けましたが

レジェンドには上がれなかったんですね(‘ω’`)

使っていたデッキは

このアグロゼシカです(‘ω’`)

修正前ですね(‘ω’`)

レジェンドどころかSレアすらなしで作れましたし(‘ω’`)

凄い強かったんですよねぇ(‘ω’`)

しかし、すぐ対策されるんですよ(‘ω’`)

悲しいなぁ(‘ω’`)

昨日まで勝ててたのに!!!

って感じでこのデッキでは負けに負け(‘ω’`)

回復持ちを複数入れられるだけで終盤まで持ち込まれて息切れしちゃうのです。

そうなりゃ私は元々頑張っていたピサロに戻るわけですが(‘ω’`)

シドーもアンルシアも、ゼルドラドもマルティナもドルマゲスも居ないのです。

やだ・・・私のピサロ弱い・・・?

フィニッシャーはグラコスとゾーマ(‘ω’`)

ゾーマは投げるタイミングさえ間違えなければ活躍はしてくれましたが

グラコスはあっという間に処理されてしまうことが多々(‘ω’`)

そうこうしている間に竜王杯は終わりを向かえ

最終ランクはプラチナ3まで落ちてしまいました(‘ω’`)

アカンな・・・(‘ω’`)

キーカード無いとダメや・・・(‘ω’`)

ログボ勢になってレジェ引くの待つか・・・(‘ω’`)

そんなことを思っていれば今月、眠れる勇者杯が開催されました(‘ω’`)

これでまたブロンズからできる!

それなら昇格ゴールドもらえるしレア引けるかも(‘ω’`)!

そう思っていた私に突きつけられた現実は(‘ω’`)

前ランクマッチの結果からということでいきなりプラチナランクに入れられたということでした。

そこは前レジェンド連中も跋扈する修羅の国。

私など到底太刀打ちできぬ世界(‘ω’`)

ピサロと当たれば終盤のレジェンドの殴り合いで負け

ゼシカだと思えばテンポゼシカでボコボコにされ

テリーは最初から最後まで主導権を握れずに負け・・・。

唯一勝てるのはアグロゼシカを使っての運勝ちのみとなった・・・(‘ω’`)

勝てない・・・(‘ω’`)

1日1回負けたらその日はおしまいとやってきたが・・・(‘ω’`)

ここ数日1戦しかしてない・・・(‘ω’`)

正直この手のカードゲームには自信はありました。

面白くないからという理由でやってこなかったが

麻雀を始めとする賭博系には対人であろうが機械であろうが

ゼロサムゲームであろうが、非ゼロサムであろうが自信があったのだ。

しかし、そのゲームはポケモンと同様、卓につく前から勝負が決まっていることだってあるのだ(‘ω’`)

そう、デッキ構築は皆違うのだ・・・(‘ω’`)

それから私は色んなデッキを使い始めた(‘ω’`)

1日1敗ルールも1日2敗まで、気分が乗ったらそのルールは破るという方針に変えた(‘ω’`)

この年にしてカードゲームの勉強か・・・。

何も知らない人から見れば遂にイカれたかと思われるかもしれない。

その勝利の先になにがあると問われれば私も分からない。

しかし日々強くなっていく実感がとても楽しかったのだ・・・(‘ω’`)

良く、楽しむ努力をしろという言葉をネトゲ界隈では耳にするが

違うのだ(‘ω’`)

楽しむ努力をするのではなく、楽しいから努力をしているのだ(‘ω’`)

決して逆ではないのだ(‘ω’`)

まさにその状態に入った私だった・・・(‘ω’`)

そして日々戦いに戦いを重ね・・・私は1つの答えにたどり着いた。

シドーいなきゃ勝てん(‘ω’`)

台無しである(‘ω’`)

いやでも、逆転打が私には無いのです・・・(‘ω’`)

9回裏まで追い込まれて(‘ω’`)

出てくる代打が軒並み打率0.80、0本っていう感じのアレよ(‘ω’`)

シドーだ・・・私にはシドーが必要なのだ・・・。

ゾーマじゃなくてシドーを練成するべきだったかもしれない・・・。

あぁ・・・シドー・・・シドー・・・。

そうしてシドーに取り付かれた私は・・・。

課金した。

台無しだ、つってんだわ(‘ω’`)

結果私はシドーを手に入れた。

そして、そのタイミングで丁度一部カードの修正が行われた。

具体的にはレッドアーチャーと・・・

亡霊と、ゼシカの特技引っ張ってくる鳥ドラゴンみたいな奴である。

ゼシカめっちゃ影響受けたなぁ・・・と私は思ったが

なら個人的にはテリーの専用カードもヤバいの多いやん・・・と思った(‘ω’`)

しかし、これでゼシカ対策に入れていた壁役と回復も減らせる(‘ω’`)

加えて亡霊が4/4/4になったことによりワンパンでガチャコッコが取られなくなった(‘ω’`)

いける・・・いけるぞ(‘ω’`)!

環境が変わってからはミネア以外にはかなりの勝率を保てた。

ミネアには勝てなかった。

日笠さんは嫌いではないがここ数日で一気に嫌いになりそうだった。

\天変地異!!/

\アルカナバースト!!/

ほんまええ加減にせーよ(‘ω’`)

なのでミネアは特に対策をすることは辞めた。

盤面を作っても一瞬でひっくり返されるので

ピサロだろうがアグロ気味に盤面ではなく顔を殴りに行った(‘ω’`)

そして終盤、盤面で圧倒的に負けていればダークマターかシドーでなんとかする(‘ω’`)

引けなければ負け(‘ω’`)

そんな感じでなんとかミネアの勝率も3割程度を保ちつつ

対テンポゼシカにはドラゴンガイアを(‘ω’`)

対アグロテリーでは、壁を回復を(‘ω’`)

様々なデッキにそれなりに対応し(‘ω’`)

私は遂にここまできたのだぁ・・・(‘ω’`)

あと一勝・・・(‘ω’`)

あと一勝でレジェンド(‘ω’`)

そうして立ちはだかるのは私と同じくピサロ。

絶対にシドーは持っている・・・(‘ω’`)

シドーとグラコス、ゾーマを投げるタイミングを絶対にミスらないこと・・・(‘ω’`)

そうして、着々を進んで戦局は進んでいったが

先にゾーマを投げられた。

残念ながら手にはアンルシアはなし(‘ω’`)

前ターンに盤面を作っていたので

はぐめた+盤面のモンスターで無理やりゾーマを処理

次のターンであっという間にモンスターを並べられ盤面は返された(‘ω’`)

あぁー・・・(‘ω’`)

ゼルドラド投げられたら終わる。

そうして、私の次のドローは

シドーだった・・・。

この為の布石だったのだよ(‘ω’`)!

くらえ(‘ω’`)!

そうして再び盤面をリセットし、お互いに手札も吐き出し

相手もシドー単体にゼルドラドを投げるしかない状況。

ドロー勝負となったところで相手は顔面優先に切り替えた(‘ω’`)

しかし私には進化の秘法があったのでそれでなんとか繋ぎ(‘ω’`)

なんとか引けたドルマゲスで盤面を制圧(‘ω’`)

そして・・・(‘ω’`)!

そして伝説へ・・・(‘ω’`)!

やったあぁぁぁああぁ(‘ω’`)!!!

やったわぁ・・・(‘ω’`)

めちゃプレイしたんか!?って言われると・・・

MHWしてましたし、1日30分~1時間程度という答えになりますが

それでも凄く楽しかったですね(‘ω’`)

やっぱり勝てると面白いわ(‘ω’`)

というわけで。

私をレジェンドまで導いたデッキはこちら!

ゼルドラドもマルティナも居ませんけど

個人的には頑張ったデッキだと思います(‘ω’`)

マルティナが居れば2ダメ与えて倒せばピサロナイト3つ出す奴あるじゃないですか?

あれの代わりに入れたかったんですけど

流石に作れなかったのだ(‘ω’`)

後は意外とキーになったのはダークマターですね(‘ω’`)

シドーとダークマター握ってるときの安心感は凄いです(‘ω’`)

そしてゾーマは良くアンルシアで置きものにされてしまうので

サイレスも2枚入れて握っておくようにしました(‘ω’`)

りゅうおうも多いですし、サイレス入れれば怖くも無いですね(‘ω’`)

前はいてつくはどうを入れていたんですが

いてつくはどうだと、自分に打てないので置物ゾーマを解除できないんですよね。

なのでサイレス2枚にしました(‘ω’`)

後はドラゴンガイアもいい働きしてくれましたし

微妙かなってなってたのはオークキング・・・かな(‘ω’`)

この辺は変えてもいいと思います(‘ω’`)

オークキング2枚をガチャコ1枚、さまようよろい1枚とかにしたほうがいいかもね(‘ω’`)

でも回復要因無しは怖いか(‘ω’`)

ライノスキングは出したらアンルシア切ってくれる人も多かったので

あれはいいと思います(‘ω’`)

2枚いれるかどうかは悩みどころですが(‘ω’`)

というわけで私の眠れる勇者杯はこれにて終了(‘ω’`)

来年のライバルズでお会いしましょう(‘ω’`)

ではでは(‘ω’`)!

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

スポンサーリンク
本文
本文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする