【GE3】クリサンセマムの鬼神と呼ばれたAGEがおったそうじゃ。【プレイ日記4】

PS4
GOD EATER® 3_20181216070407
スポンサーリンク

 

【GE3】フィム奪還、マッチポンプ大作戦の巻。【プレイ日記3】
前 前回、グレイプニルの荷物の中身がヒト型アラガミと知り その子にフィムと名付け、そしてペニーウォート組は 契約権利をクリサンセマムのイルダに買取って貰い 正式にクリサンセマムの仲間と...

 

 

前回、荷物であったヒト型アラガミをグレイプニル研究所まで送り届けるも

荷物の中身を見てしまい更に安易にも交流をもったということで銃殺刑と言い渡された我々AGE(‘ω’`)

しかし、総督ガドリンの目の前で自分達の強さ、価値を証明する事に成功し無事、無罪放免に。

加えてフィムの灰域種を呼び寄せるという特性から私達に預けられるということになり

完全勝利となったのだった( ˘ω˘)

 

 

 

 

そして、フェンリル本部奪還作戦は目前まで迫っていた(‘ω’`)

 

 

 

様々なミナトがこれから集合するであろうということで

1つのミナト「ダスティミラー」、そしてそのオーナーの男をイルダから紹介されます(‘ω’`)

 

 

 

 

なんでもイルダとは取引を何度もしているそうで(‘ω’`)

 

 

 

 

 

あっ、アインさんですね(‘ω’`)

 

よろしくおねがいしま・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

フェンリル極東支部で会いませんでした?

 

 

 

 

違うよアインさん(‘ω’`)!

確実に違う(‘ω’`)

これだけはいえます(‘ω’`)

 

あなたはソーマですよ。

生まれながらのGEソーマですよあなたは(‘ω’`)

声も容姿も一緒やが。

 

 

なんで違う名前を名乗ってるので・・・(‘ω’`)?

 

お前はソーマ・シックザールじゃないですか(‘ω’`)!

 

ヨハネス・フォン・シックザールを忘れたか(‘ω’`)!?

 

 

 

何が何だか・・・(‘ω’`)

壮絶な過去を持ち、主人公よりある意味主人公してたじゃねぇかよお前。

 

しかし、GEというよりは研究者よりになっていたのは変わらず。

なお更ソーマに思えますけど・・・。

まぁアインさんでいいか・・・(‘ω’`)

 

凄い違和感ありますけどしゃーない(‘ω’`)

 

 

 

ただ、アインさんは研究者。

私達に紹介したのは情報目的だそうです(‘ω’`)

 

我々は今後、自分達で生計を立てていかねばなりません。

その足掛けとして、アインさんを紹介してもらったんですね(‘ω’`)

イルダは良いやつ(‘ω’`)

 

我々の取引材料は勿論、超貴重な灰域種アラガミのデータです(‘ω’`)

研究者であるアインさんは顧客なわけですね。

 

 

 

 

 

いやぁ・・・(‘ω’`)

 

まぁねぇ・・・(‘ω’`)

 

私達は命張ってますし・・・(‘ω’`)?

 

 

 

 

 

アインさん「20億だ。」お金ポイー

 

 

 

 

 

 

そら驚くわ(‘ω’`)

 

 

私だけ無表情ですけど

多分、お金の価値分かんないんですよ(‘ω’`)

6桁までしか分からんのです。

 

しかし灰域種の行動がある程度予測できれば

今後、様々な企業や組織が安全に資材運搬できるルートを確立できるかもしれない。

ということで、アインさんからすれば20億は惜しくないそうですね(‘ω’`)

 

 

それならもう交渉成立といった感じでトントン進みました。

 

20億円だとしたらそらもうあれよ。

 

 

 

 

 

 

死神と鬼神で仲良くしたいっすね(‘ω’`)

 

 

 

 

しかしまぁ、なんというか。

台詞1つ1つが意味深・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

彼女(フィム)を、決して離すなよ

 

 

 

・・・(‘ω’`)

 

シオ・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

そして遂に各ミナトが集まり

フェンリル本部奪還作戦の概要説明の会合が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふむ・・・(‘ω’`)

そんなのあったんですか(‘ω’`)

 

 

対アラガミ決戦兵器オーディンとな・・・。

それが現状を打破できる可能性を持つ兵器ということで

本部奪還を目指していたわけですか。

 

 

 

ただ、作戦の内容としては至ってシンプルでした。

灰域発生に伴い、統率能力も失い崩壊したフェンリルですから

フェンリル本部周辺は灰域濃度が非常に高いそうで。

 

灰域種もウロウロしているとのこと。

 

ですので・・・。

 

 

 

作戦:クリサンセマムが頑張れ。

 

 

 

 

うぅん・・・(‘ω’`)

総督に言われればそりゃ仕方ないですしね(‘ω’`)

 

頑張る頑張る・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

というわけで作戦実行までの少しの時間。

それぞれのミナトで下準備が行われます。

 

勿論クリサンセマムも同様に準備を入念に行います。

 

 

 

その過程で良い話と良くないお話をイルダより伝えられます(‘ω’`)

 

 

 

 

クリサンセマムの鬼人・・・(‘ω’`)

 

 

今年は新大陸の白き風・・・。

導きの蒼い星と呼ばれ・・・(‘ω’`)

ガーディアンとも呼ばれ・・・(‘ω’`)

 

締めくくる頃にはクリサンセマムの鬼人ですか(‘ω’`)

 

 

 

 

悪くねぇじゃん(‘ω’`*)

 

 

厨っぽくていいと思いますよ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

そして悪いニュース・・・。

 

それはなんとグレイプニルの中にスパイがいたそうです。

 

 

 

 

 

 

犬飼やろ(‘ω’`)

 

 

あの悪人面やん(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり犬飼でした。

 

 

 

 

犬飼はグレイプニルからすればテロ組織である、朱の女王に技術や機密を売っていたんですね。

しかし、朱の女王とは虐げられ逃げてきたAGEの集合組織のようなもの。

加えてイルダが朱の女王のボスのヴェルナーという男と交際関係にあったことも犬飼にバラされます(‘ω’`)

 

この辺はなぜザックリいったかというと。

犬飼がアホだったからです(‘ω’`)

 

 

しかしかなりの技術提供はしていたようで・・・。

灰嵐を人為的に起こす事さえできると・・・(‘ω’`)

 

 

そういえば何となくでしたけど灰嵐がなんで起こるのかは知らんな(‘ω’`)

 

 

 

 

 

そして、いよいよ作戦前夜。

イルダの口から直接過去の事について聞かされます(‘ω’`)

 

 

 

 

ふぅん・・・(‘ω’`)

 

 

加えて、ヴェルナーはガドリン総督のご子息だそうで・・・。

 

 

 

恐らく壮絶な過去があったのでしょう(‘ω’`)

それで朱の組織を結成したと・・・。

父親が人類の平和を取り戻す為にいかなる犠牲も厭わないのだとしたら。

息子はAGEの権利を求めて犠牲を払い続けているというのでしょう。

 

話は平行線ですね・・・(‘ω’`)

 

 

 

しかし、アインさん・・・(‘ω’`)

いや、ソーマはそれでも世界のために戦ってたよ・・・(‘ω’`)

 

 

この辺の境遇ももしかしたら似てるのかもしれませんね。

ヴェルナーがなぜAGEになったのかはわかりませんが。

 

でもこの辺も謎の1つですよね。

現状灰域種にある程度太刀打ちできるのがAGEしかいないのに(‘ω’`)

なんで奴隷扱いやねんて(‘ω’`)

もっと崇めろマジで(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

そして、遂にフェンリル本部奪還作戦が始まります(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

作戦にはアインさん率いるダスティミラーは勿論。

私達の古巣ペニーウォート、ルルの古巣バランも居ます。

 

 

 

 

 

 

モメる気しかしませんが、頑張ろう(‘ω’`)

 

 

 

 

私達の仕事はルートの確立。

後続のために、只管進み。

最深部に居ると思われる灰域種アラガミを倒し安全を確保することです(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうかまってくんなよ(‘ω’`)!!!

 

 

 

 

バランがルルを捨てたくせに生きてて活躍してるとこれだよ(‘ω’`)

ほっといてくれ(‘ω’`)!!

 

と、思いましたが。

どうやらアクセルトリガーの技術流出の噂が流れているのです・・・。

それをかぎつけたバラン所属でルルの師でもあるゴウがルルに接触。

 

 

 

正解(‘ω’`)

 

ルルが教えてくれて便利に使ってるよ(‘ω’`)

 

 

 

各ミナトにある程度個性があるように

バランは技術開発に長けているんですね・・・。

そのアクセルトリガーの技術を勝手に解析して我が物顔で使ってる我々にも非はあると思いますが(‘ω’`)

なら腕から外しとけよ・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

それから私達は数々のアラガミを倒し進みました。

 

 

 

 

しかし、作戦は安全なルートを中々確立できずに苦戦します(‘ω’`)

 

 

 

 

うーん・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、作戦を進行する上でバランの協力が必須になり

ルルが交渉すると言い出しましたがこれをイルダがNG。

 

 

 

 

後はもうあれよ(‘ω’`)

 

ルルの単独行動よ・・・。

 

 

 

 

皆フィム欲しがってるな・・・(‘ω’`)

 

ロリコンばっかか(‘ω’`)?

 

 

 

 

 

ゑっ(‘ω’`)?

 

 

 

 

 

 

 

 

お前・・・。

 

灰嵐発生の原因ってAGEの自爆かよ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

その技術を開発したのはバランというわけですかぁ・・・(‘ω’`)

確かにダメならいっその事!というのは理にかなっていますし

朱の女王の行動理念とも一致するんでしょう・・・。

 

 

 

 

 

結果的にルルはこの後。

単独行動をし、バランと接触。

 

 

 

 

 

バランの船長と師であるゴウと敵対する事を決めます( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

 

 

 

出会いは最悪だったけどな(‘ω’`)

 

 

 

良い仲間になりましたね(‘ω’`)

 

 

 

 

 

ていうか、バランの船長こんな灰域濃度高い所に居て大丈夫なんですか・・・?

あんたGEですらないでしょう・・・(‘ω’`)?

 

 

 

そして、お約束の如く。

絶体絶命のピンチは駆けつけた仲間によって解決( ˘ω˘)

 

・・・師であるゴウには親心があったのでしょう(‘ω’`)

バランが追い詰められているにもかかわらず。

去るその姿はどこか嬉しそうでした( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

そして船長逮捕(‘ω’`)

 

 

 

 

 

ていうか何度も言いますけど船長体大丈夫ですか・・・?

あの灰域濃度はヤバいんじゃ(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

そして、結局フェンリル奪還作戦は我々だけに(‘ω’`)

世界がこうあれど、やはり一枚岩とはならないものですね(‘ω’`)

世界崩壊系はいっつもこうだ(‘ω’`)

そう考えるとフェンリルって凄かったんだなぁと思いますね。

 

 

 

 

 

そして、バランの情報から割り出した安全なルートを使い

フェンリル本部がある、最深部へと私達クリサンセマムは向かいます。

 

 

 

 

 

この灰域濃度は通常のGEリカルドとクレアにはキツいはず・・・(‘ω’`)

 

一刻も早く作戦を完遂し戻りましょう(‘ω’`)

 

 

 

 

 

えっ・・・(‘ω’`)?

 

 

朱の女王・・・か・・・(‘ω’`)?

 

 

 

 

ジークの弟のニール・・・(‘ω’`)

 

 

 

生き別れたそうですがこんな再開とは(‘ω’`)

そしてやはり朱の女王が囲んでいるようです(‘ω’`)

 

 

人間相手は非常に嫌ですね(‘ω’`)

 

 

 

 

 

あの時、助けてくれたおっさん・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

ヴェルナーはあなただったんですね(‘ω’`)

 

 

 

 

そして、会話をしていくとどうやら私達クリサンセマムには敵対の意思はないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

うん・・・。

 

まぁ(‘ω’`)

 

 

私達もつい最近まで檻の中でしたからね(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです(‘ω’`)!

 

こんな濃度の中・・・(‘ω’`)

 

 

 

ってなるとやっぱりバランの船長の体が心配だ。

 

 

 

 

 

 

あぁー。

 

犬飼が流してた情報と技術ってこれですか(‘ω’`)

 

 

 

 

ん?

でもヒト型アラガミの細胞を元にして因子を調整し

この濃度の灰域の中でも普通に生きられるってのは、分かるんですけど(‘ω’`)

 

 

そのヒト型アラガミの細胞ってどこから取ったのでしょう(‘ω’`)?

 

フィムはこちらに居ますし。

そもそも口ぶりからこの研究は随分前から行われていたような感じです(‘ω’`)

となるとフィム以外の別のヒト型アラガミが居るんでしょうか・・・(‘ω’`)?

犬飼はフィムを要求、バランもフィムを要求してましたし(‘ω’`)

レアなことは間違いないでしょうけど・・・(‘ω’`)

 

分からんな(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・(‘ω’`)

 

全然悪いやつと思えない(‘ω’`)

 

 

 

 

彼らの主張としては普通に生活したいってだけなんですよね(‘ω’`)

鉄砲玉のように戦わされ、挙句GEにも人間にも利用され・・・(‘ω’`)

 

ガドリンとは別方向の正義ですなぁ(‘ω’`)

 

戦って死ぬか、隠れて生きるか。

 

まさにそんな感じがします( ˘ω˘)

 

 

ただ、私達には任務があるのでその事を伝えます( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

冥界の主・・・(‘ω’`)

 

 

 

 

 

そして、私達は後ろ髪を引かれつつも

ヴェルナーに別れを告げ。

 

遂にフェンリル本部までたどり着きます( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

 

 

 

灰域種アラガミアヌビス・・・(‘ω’`)

 

 

 

コイツを倒せばルートは確立され、後続が続けます(‘ω’`)

つまり任務完了(‘ω’`)

今思えば全ての始まりもコイツでしたね( ˘ω˘)

 

クリサンセマムに拾われ、露払いをしていた私達ですが

コイツがフィムを求めて船を襲撃してきたからこそ

私達は価値の証明をすることができ、正式にあの牢屋から出ることが出来ました(‘ω’`)

 

 

感謝感謝です( ˘ω˘)

 

 

 

 

アヌビスで始まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

アヌビスで終わる(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

やったぜ人類(‘ω’`)

 

これが灰域種に対しての反撃の狼煙となることを願います( ˘ω˘)

 

 

 

 

ルートを確立し。

通信で状況を伝え、作戦は無事成功。

 

 

 

 

フェンリル本部は奪還され・・・。

残る仕事は後続のGEに任せましょう( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ顔しとる(‘ω’`)www

 

 

 

 

ほんと表情だけは豊かな無口女でいいですね(‘ω’`)

流石に愛着も沸きましたよ(‘ω’`)

この牢獄出身3人組もまたいいですね(‘ω’`)

 

 

 

 

そうですね(‘ω’`)

これが大きな大きな成果ですし(‘ω’`)

幸いお金も困ってませんし、生計も立てられるでしょう(‘ω’`)

 

 

これからはゆっくりと(‘ω’`)

比較的安全に生活していけたらいいですね(‘ω’`)

 

 

フェンリル奪還と共に地下に眠るオーディンも奪還しましたし。

 

そのオーディンがきっとこの世界の状況を打破してくれることでしょう(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレアはグレイプニル所属GEですしね(‘ω’`)

元々フィムという荷物運搬の護衛で居ただけで

そこに私達が突如現れたって感じだもんね(‘ω’`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい(‘ω’`)!

 

 

 

というわけでね(‘ω’`)!

GE3(‘ω’`)!

とてもテンポよくストーリーも進み私自身も・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

(‘ω’`)!?

 

 

終わらないんだよなぁ・・・。

 

 

 

 

 

続きは明日以降( ˘ω˘)!

 

ではではお疲れ様でした(‘ω’`)

 

 

 

【GE3】急募:オーディン起動できる人。というブラック案件だった。【プレイ日記5】
※ここより、GE3の核心、見せ場が多くなるランク6帯ですので 以降はお気をつけください('ω'`) 前 前回、様々なミナトとの思惑が交錯しぶつかり合い、朱の女王とも接触。 そし...

コメント